顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「苦しいブログ」が「楽しいブログ」に変わるパッケージマーケティングブログ術】
2016年08月23日

【「苦しいブログ」が「楽しいブログ」に変わるパッケージマーケティングブログ術】

「なんで毎日、パッケージマーケティングブログを書けるのですか?」
と聞かれたことがあります。
数えればパッケージマーケティングブログだけで1900本超え!
全てのブログを合わせると4000本超えの記事を書いてます。
うーん、我ながらすごい(笑)!

あ、おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

IMG_0387

さて、「なんで毎日、パッケージマーケティングブログを書けるのですか?」の私なりの答えです。
「習慣」なんです。
もはや、トイレからでたら手を洗うとか、寝る前に歯磨きをするとか、
コーラを飲んだらゲップが出るっていうくらいの習慣なんですよ。
だから私にとっては「書かない」方が気持ち悪いんです。

「毎日なんて大変ですね」と言われたりもしますが、
「毎日じゃないと気持ち悪い」んですから仕方ない(笑)

あ、もちろん、最初っから習慣じゃないですよ。
もう、大変な時期もありました。
「かっ、かっ、書けない(泣)」

ブログが200~300記事を超えるまでは本当に辛かった。
毎日、何を書こうか必死です。
スーパーで面白そうなパッケージがあればチェック!
コンビニで新商品パッケージがあればメモ!
道の駅で楽しいパッケージがあればパシャリ!

実はあまりにもスーパーでうろうろしていて
「あなた、何者ですか?」と職務質問を受けたことがあります(笑)

そりゃ、平日の昼間にスーツの男がカゴも持たずに、
何十分もうろうろとしていたら怪しすぎますよね(笑)
あの時は焦ったな~(笑)

IMG_0438

どこかで閾(しきい)値のようなものがあると思うんです。
99℃の水が100℃になった途端に水蒸気に変わるように、
苦しいブログが、楽しいブログに変わる時がっ!

今日のブログはパッケージマーケティングというよりは番外編になりましたが、
もしブログで困っている人に参考になれば幸いです!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven + fifteen =

ページの上部へ