顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【徳島の夜の街が活性化?!それとも家庭崩壊(笑)?!「モノ」をちょっと変えるだけで無限に顧客が増えるパッケージマーケティングとは?!】
2016年09月25日

【徳島の夜の街が活性化?!それとも家庭崩壊(笑)?!「モノ」をちょっと変えるだけで無限に顧客が増えるパッケージマーケティングとは?!】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

先日、エーテックの青木社長御夫婦と、
小林ゴールドエッグの小林社長と、
一緒に「に志もと」さんに食事に行きました!

14455890_10205277216728891_616595595_o

美味しい料理を頂いつつ
(まるで料理の写真がありませんが(笑))
理念やマーケティングの話などしていました。

14438995_10205277216808893_484162971_o
そこで、に志もとの西本美和さんからこんなお話を聞きました。
「うちにはケーキ風海鮮寿司があるっ!」

思わず、私もお持ち帰りで頼んじゃったそのお寿司がこちら!

14445794_10205277216528886_841867901_n
うわー!
綺麗ですねー。
寿司を丸くケーキ風にしちゃう!
そして海鮮をデコレーションみたいに見せる!
技術ですねー。

実はこの商品、こんな人たちに売れているそうです。

パターン1
※お父さんがケーキを喜ばない家庭

例えば、お父さんの誕生日などに、
お母さんや子供はケーキでお祝いしたいっ!

でも、お父さんが甘いの嫌いで「えー、ケーキか。。。」になって
喜んでもらえない。

そんなときにこのケーキ風の海鮮寿司!
お父さんが見た瞬間に「えーー!なに、コレーーー?」と喜ぶそうです。

そして、パターン2も教えてくれました!
※スナックやラウンジのお姉さんに手土産として、オヤジたちが購入。

ケーキの差し入れやプレゼントは慣れてしまっているお姉さん達。
こんな、ケーキ風海鮮寿司が届くと
「うわー!なにこれ?!すごいですねー!」
と、お姉さまたちが感激してくえるそうです!

お寿司という「商品」は形を変えて「ケーキ風」にしただけ。
それによって、こんな2パターンの新しい顧客が生まれたんですね!

「寿司」というモノを買っているんじゃなく、
お父さんが喜ぶ、お姉さんが喜ぶという「体験」を買っているのですね!

14469372_10205277216448884_1478196396_n
あ!
ちなみに、パッケージもやっぱりケーキを入れるパッケージに入ってます。
寿司容器パッケージから出てきたら雰囲気台無しですからねー(笑)

それにしても、に志もとさんの
1)お母さん・お姉さんがお父さんのために購入する
2)お父さんがケーキ海鮮を知る
3)お父さんがラウンジのお姉さんのためにケーキ海鮮を買う
4)ラウンジのお姉さんが自分のお父さんにも買ってあげる。
5)そして1)に戻る
なんて、無限ループを狙って、
徳島の夜の街が活性化するかどうかは定かではありません(笑)

あ!
凛も喜んで食べてくれましたよーーー!

「面白いなー、私もお父さん(旦那さん)に!」
「これはいい!次にスナックに行くときに!」(笑)

そんな風に思った方は、こちらに問い合わせしてみてくださいねー。

に志もと
http://www.e-nishimoto.com/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 3 =

ページの上部へ