顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【うん、やっぱりパッケージによって感じる値段って変わります。新潟の「しろくまのお米」パッケージ】
2016年10月11日

【うん、やっぱりパッケージによって感じる値段って変わります。新潟の「しろくまのお米」パッケージ】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

2日連続でお米のパッケージの話を紹介させてください。
今日のもめっちゃ面白いですよ!
まずは、一目ご覧ください!

shirokumanookome01
しろくまのお米

うん、可愛いっすねー。
それだけで手が伸びそう!
パケ買いしそう!

しろくまのデザインが、米粒になっているのですねー。
ちゃんとネーミングとデザインの関連があるっ!

でも、「なぜに“しろくま”なのか?」
ホームページから引用すると、こういうことらしい。

新潟の越後平野で、できるだけ農薬や化学肥料にたよらずに米作りをする「新潟しろくま会」が作るお米。かわいいだけじゃなくて、ちゃんと手間ひまをかけて育てられた心のこもったお米です。で、販売するのは白根熊吉さんが創業した「株式会社白熊」。
色々クマづくしですが、原点は明治までさかのぼる歴史あるお米やさんだそうです。

うん、なぜ「しろくま」なのかは結局、よく分からない(笑)
「株式会社白熊」と名付けたのが勝利かもしれない!
デザインは他にも展開されてます。

shirokumanookome02
鼻がかわいいバージョンパッケージ

shirokumanookome03
しろくま横向きバージョンパッケージ

うん、どれも米粒としろくまのデザインがかわいいですねー。

4004630662_k
2合×6袋の無洗米バージョンパッケージもあります。
6種類あって、それだけで楽しい。

試しに金額を調べてみると、この無洗米6袋は3888円!

ところで、1合って何グラムか知ってます?
約150gです。
ということは2合×6袋で、約1.8kg。

ふつうのお米は1kgだいたい400~500円なので、
1.8kgなら1000円弱かな。

・・・ん?
なのに、3888円?!
かなり強みの価格設定!
すばらしい!
安売りなんて、しなくていいんですよね!
ストーリーを感じてもらったら、パケ買いされることもあるのです。

ちなみに、もし、私だったら4690(しろくま)円にするかなー(笑)

この商品は広告の横展開も素晴らしい!

Print
うおー!
カレーの中に、しろくまが入浴してる!

35899d3846372ba5e3deea6b13685656dd14f79c
いろんな寿司ネタになってるーーー!

うん、本当に楽しんでますねーー!
パッケージを変え、世界を変えている見本です!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 10 =

ページの上部へ