顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【松浦ブログ史上初の「ダメダメパッケージ」特集!】
2016年10月17日

【松浦ブログ史上初の「ダメダメパッケージ」特集!】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

IMG_3662
いやー。
ニッポン豆腐屋サミットの余韻が収まらないですねー。
なんせ、108種類もの豆腐を試食!
そしてパッケージを見ることができましたから!

私にとってはめっちゃ貴重な体験です!
ありがとうございます。

その108種類のパッケージのうち、
「あ!」と思ったものを撮影してきました。

私、ブログには「いいパッケージしかかかない」のですが、
うん、今回はあえて、あえて、あえて、「ダメダメパッケージ特集」にしてみました。

うん。
勇気を振り絞って、書きます。

モザイクかけたから大丈夫とは思いますが、
もし消して欲しい人は個別にメッセージくださいね。

それでは、ダメダメパッケージ特集スタートです!

14741216_1879638542257027_1230365647_n
うん、ダメっすね。
左下のロゴ(?)の意味もまったく分からない。
店の名前も、商品名もない。
一括表示もない、、、大丈夫なのか?

14741176_1879639248923623_624910335_n
うん、これもダメです。
一括表示シールが貼ってあるだけ。
「他社と差別化」どころじゃないですね。
「識別」すら怪しいです。

14694829_1879639235590291_1230532530_n
はい!
無地パッケージキター!
お客さんのこと、考えてないですね。
「旨ければ分かる」って言いたいのかも知れません。
でも、お客さんがちゃんと「店名」や「品名」識別くらいはできないとダメですよね。

14686045_1879639242256957_1614511668_n
これも一括表示だけ。

14628145_1879639238923624_1098061699_n
うん、アカンね。

14625433_1879639245590290_609797662_n
まあ、同じくです。

はい、本当に申し訳ありませんでした。
本日のブログ紹介はここまでなんですが、伝わったでしょうかね?

「うちは自分の店で売るだけだから、無地でいいんだよ」という方は、
まあ、ぎりぎりOKです。

でもね、一つ言いたいことがあるんです。
あなたたちは少なからず、地方予選を勝ち抜いて、全国大会に出てきた豆腐ですよね?

つまり、全国の豆腐屋さんの「模範」となる立場です。
それが、このパッケージでいいんでしょうか?

実際、サミットの審査基準に「パッケージ」はありません。
1)外観
2)香り
3)味
4)食感
の審査基準です。

でもね、私は訴えたいんです。
本来はこの審査基準の中に「パッケージ」は含まれるべきだと。

例えば、コーラ!
缶で飲む?
ビンで飲む?
リッツカールトンでキンキンに冷えたグラスにレモンを添えて飲む?
まったく味の感じ方は変わります。

同じ豆腐を
紙皿にのせる?
陶器に盛り付ける?
味は変わりますよね。

そう。
日本人は特に、わびさびを重視して生きてます。
パッケージだけで?
器だけで?
感じる味って変わるんですよ。

絶対にパッケージで味は変わります。
これは私が断言します。

そういう意味で、豆腐業界はちょっとパッケージに関しては遅れているのかと、
108種類のパッケージを見て思いました。

・・・あ、面白いパッケージももちろんあります!
明日は面白いパッケージ特集しますね~。

吠えすぎちゃって、申し訳ありませんでした!
ちょっと桑原の真似したかったんです(笑)

豆腐業界の成長と発展を願って、あえて書きました。
ご参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × one =

ページの上部へ