顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【小谷サービスエリア(広島)で見つけた面白いパッケージ3連発】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>
2017年02月26日

【小谷サービスエリア(広島)で見つけた面白いパッケージ3連発】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

おかげさまで、出張が多めの生活を過ごしております。
「移動が多くて大変ですね」と言われることもあるのですが、
移動も含めて、出張というか、旅がとっても楽しみです!
だから、全く「苦」じゃないんです。
むしろ、「楽」しい時間ですよ!
だって、いろいろなパッケージと出会えるんです。

例えば、
2017年2月24日に、小谷サービスエリア(広島)で見つけたパッケージ。

キットカットがよくやってます。
こうやったパッケージに一筆かけるのっていいですね。
ちょっとしたプレゼント・お土産需要も生まれますね。

「ひと言添えて、こだわりのお土産に」って、中間箱に書いてますもんね!
あ、ちなみにこの中間箱をPOPのように使うのは、キットカット、さすがっす!

これは紅茶のパッケージ。
写真ではわかりにくいかも知れませんが、マット(磨りガラス)の黒印刷がシブカワいい♪
印刷技術を駆使したパッケージですね~。

私自身、この印刷方法を使ったパッケージを作ったことがないのですが、
近いうちにやりたいですねーーー。

これは個人的にはびっくりしました。
しそ昆布のパッケージ。
油紙のような包装紙を使って、ワザとクシャクシャに仕上げて、いい感じに紐で巻いてます。
実際に一度、手で折って、さらにまた開いて、それからパッケージング。

うーん、内職作業が大変だろうな。
私はこれはお客さんには勧められません!
でも、、、なんかいいなーー(笑)

以上、小谷サービスエリアで見つけた面白いパッケージ3連発でした!
また旅先で見つけよう♪

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − nine =

ページの上部へ