顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【売上不振の時にどうするか?そうだ!値上げしちゃって、販売個数も上げちゃえ!三河国サムロックサイダー事例】
2017年07月24日

【売上不振の時にどうするか?そうだ!値上げしちゃって、販売個数も上げちゃえ!三河国サムロックサイダー事例】

<売上不信の打開策>として、
よくボクたちは2つの選択肢に迫られます。
1)値下げして、たくさん売るか?
2)値上げして、絞って売るか?

だって、「売上=単価×販売個数」ですから、
単価も販売個数も両方を追い求めるは大変ですからね。

でも、実際に起こっているのはどんなこと?
1)値下げしてたくさん売ろうとしたけど、余計に価格競争に巻き込まれた。
2)値上げして、絞ったら、誰も居なくなった。

いやー、目も当てられないです。
笑ってばかりはいられない、自分ごととして考えるとぞっとするお話です。

でも、本当にこの2つの選択肢しかないのでしょうか?
もっと他にも選択肢があるのでは???

「五万石サイダー」という商品は2007年に大リニューアル!
ネーミングも「三河国サムロックサイダー」と変え、パッケージも変えました。
売上は月100本くらい売れていたのが、月6000~7000本へ!
なんと、60~70倍!
単価は80円だったのが、、、びっくりすることに200円にアップしているのにも関わらずです

つまり、3つ目の選択肢として
3)単価を上げて、販売個数も上げちゃおう
を選んだんですね。

じゃあ、どう変わったのというと、こう変わりました。


左が昔の「五万石サイダー」
右が生まれ変わった「三河国サムロックサイダー」

なぜ、侍風なのか?

岡屋という愛知県岡崎市の商品で、
この「三河」という土地はかついて、徳川家康ら戦国武将が多数輩出したところらしい。
だからこそ、侍を意識したキャラクターやデザインを用いたパッケージや商品が次々と展開された。


プロデューサーは安藤竜二さん。
こうやって、地方柄や歴史、それと現代をかけあわせた商品を生み出して行ったんですねー。

本日はパケマツ事例ではなく、他社事例紹介でした。
とある仕事の調べ物をしていると、とっても興味深い事例が出てきたので
思わずブログにさせて頂きました。

今度のお仕事の参考になります!
ありがとうございます。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 + 11 =

ページの上部へ