顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【5本立ての5本目は必見かも?「パッケージは素敵に」の概念を覆すアンチテーゼパッケージ】
2017年10月5日

【5本立ての5本目は必見かも?「パッケージは素敵に」の概念を覆すアンチテーゼパッケージ】

本日のブログは街で見つけたパッケージ特集5連発!

1 想いを乗せたスタイリッシュパッケージ
2 高級感ある千切り和紙シールパッケージ
3 SNS投稿しちゃいたくなるパッケージ
4 ご当地感満載になるパッケージ
5 世の中の凝ったパッケージデザインに「待った」をかけるアンチテーゼパッケージ

5本立てです!

パッケージに自社の理念とか想いを載せるってとっても大切なこと。
これをデザイン的にスタイリッシュにするって、なかなかできないことなんだけど、
上勝ビールは上手くできてるなー。
さすが!

パッケージの素材を変えると、それだけで前とは全く違う商品になることも多い。
千切り和紙という素材のシールなんですけど、やっぱりいいなー。
ぶっちゃけ、普通のシールと比べて高いんですけど。
須磨海苔の河昌さん、ありがとうございます。

ネーミングやパッケージデザインで、おもわずSNSに投稿したくなるんですよね。
やっぱりヤッホーブルーイングのデザインセンスはすごいと思う。
あー、ボもリラックスしたくなってきたなー。

商品そのものをパッケージによって連想させる手法を
アイコニックスタイル(象徴的な形)って言います。
こうやって雷門型のパッケージにするのって、設計的にも難しいんだけど、面白いなー。
後でも遊べそう。
ご当地感もめっちゃ高まってます!

うわーーー、なんだこれは?!
「パッケージは素敵なもの」っていう概念をまるで覆すアンチテーゼ!
言ってみたら、しょーもないパッケージなんだけど、なんだろうこの存在感は?!
・・・というか、「重荷をカット」っていったい何なんだーー?!
意味がわからない。
検索してもちゃんとした解説は出てこない。
・・・というか、調べちゃった!負けた気分になるーーーー(笑)

 

 

こんな風にTwitterやインスタを展開してます!
よかったらフォローしてみてね♪

松浦陽司のインスタグラム
https://www.instagram.com/matsuurayouji/

松浦陽司のTwitter
https://twitter.com/p_matsuura

「パケ買い推進委員会」Facebookグループページ
https://www.facebook.com/groups/pakegai/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + thirteen =

ページの上部へ