顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【東京五輪ロゴは一般選考だったけど、あれはフェアだったのか?】~勝率を上げるパッケージマーケティング~
2018年04月23日

【東京五輪ロゴは一般選考だったけど、あれはフェアだったのか?】~勝率を上げるパッケージマーケティング~

さて、色々ありましたが、2020東京オリンピックエンブレムって、一般選考で決まりましたよね。
選ばれた審査員が最終選考に4候補残してからの最終選考。
果たしてABCDのこの4つ。
勝率は各1/4ずつだったのだろうか??

これはこの間のキングコング西野亮廣さんのセミナーで言っていたことなんですけど、
決して、勝率は一定ではなかったといいます。
1:多数
1:全員
この状況を作ることで、勝率は格段に上がるとのこと。

じゃあ、さっきの東京オリンピックロゴマークの先行の話。
この4拓でしたね。

西野さんは語りました。
「圧倒的にAの勝率が高い。
具体的にはAは1/2で、あとのBCDの3つが残り半分を分けあってるから各1/6だ」

この理由はこんな感じでした。
Aは白黒(正確には白紺)のデザイン。
BCDはカラフルなデザイン。
明らかにAだけ特異なデザインになっている。
モノクロか、カラーかの2拓だ。
実際には4拓ではなく、A対BCDの構図になってる。

つまり、勝率は1/4ずつではなく
モノクロのAが1/2。
その他カラーのBCDが各1/6ってこと。

だからこそ
1:多数
1:全員
の構図を作る。
四面楚歌の状態を作ると、極めて勝率が高くなっていくということ。


事実、キングコングがテレビでまだコントをやっていた時代は
ボソッと言って、ドカンと受ける、「ボケの切れ味」が圧倒的多数だった。
だから西野さんのキングコングは
「ボケの切れ味は要らない。そうじゃなくって、ボケの数で勝負する」というスタンスを取った。

そうすると
「ボケの数:ボケの切れ味」の構図が「1:9」になった。
キングコングの勝率は1/2で、
残り9組みは1/18だった。
だから勝てたということ。

うーん、考えてるな。

つまり、村八分に合うように自分をデザインしていく。
もちろん、かなりの勇気はいるし、バッシングは浴びる。
でも勝率は上がるという考え方。

基本的には「同じ競争に参加しない」という。
まあ、戦略とは「戦いを省略する」って書きますけど、その通りの戦い方をしてたんだな。
さすが、面白いなー。

実はパッケージマーケティングでも同じことが言えます。


メグミルクって牛乳のパッケージなんですけど、赤のパッケージって、いわば牛乳業界では異常なわけです。
売り場で目立ってる!
1:多数の状況を作ってます。
これで勝率を上げているんですね。

徳島ぎょれんさんの「ひじき」もそうです。
ひじき売り場は圧倒的に海山物色である青、白、緑、黒が多い。
その中でこの朱色は映えますよーーー。

パッケージを考えるときに色も大切な要素ですねーー。
西野さん、ありがとうございました。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four − 1 =

ページの上部へ