顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【伝統的なもの、よく知られているものの、パッケージリニューアルの注意点】
2018年08月19日

【伝統的なもの、よく知られているものの、パッケージリニューアルの注意点】

パッケージのリニューアルは大切ですね。
法律の改正で一括表示の内容や栄養成分表示、アレルギー表示などが義務になったり。
強制的なものもありますが、そうじゃなくても、商品自体の中身が変わったり、
あるいは時代によって、お客さんにアピールするポイントが変わったりします。

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

この間、パッケージをリニューアルする話を受けました。
その商品は、その土地ではよく知らてているもの。

このような伝統的なもの、よく知られているものの、パッケージリニューアルの時は注意点があります。
それは
「その商品らしさを残さないといけない」というもの。

だって、お客さんはパッケージを目印に商品を買いに来るから、
パッケージに「らしさ」を残さないといけないんですよね。
お客さんが、見つけられなくなるから。

例えば、牛乳石鹸 赤箱という商品がありますね。
みんな、よく知ってますね。
あなたも、見たことありますね。
ブランドになってる石鹸です。


お客様はこの真っ赤なパッケージを目印に商品を買いに来ます。

ところが、例えばですよ、例えばですよ。
突然、真っ黒のパッケージになったとしましょう。
どんなことが起こるでしょうか?

おそらく、お客さんは目の前に「牛乳石鹸」と書いた真っ黒なパッケージがあったとしても
「あれ?牛乳石鹸ないわねー」と、気づかずに通り過ぎて行ってしまいます。

そうなんです。
パッケージはブランド要素なので、売れている商品、ブランド化された商品は、リニューアル時に注意が必要なんですね。

逆に売れてない商品、ブランド化されてない商品なら。
全くネーミングも変えて、パッケージも変えて、
新しい商品として売り出すことで、お客さんに新たに訴求できるようになる!

今日のまとめ
パッケージリニューアルするときに
1)売れている商品なら → その商品らしさは残す
2)売れていない商品なら → まるっきりネーミングもパッケージも変えちゃう

ご参考になれば幸いです♪

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 4 =

ページの上部へ