顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「包む」は「慎ましい」気持ちを「伝える」もの。そして「語れる」もの。】
2018年08月30日

【「包む」は「慎ましい」気持ちを「伝える」もの。そして「語れる」もの。】

パッケージってなんだろう?
「包む」だけ?

いやいや、「慎ましい」気持ちを贈るもの。
さらに、「伝える」ものでもある。
そして、「語れる」ものでもある。

そんなパッケージたちを4連発で紹介します。
#パケスタグラム
(パッケージインスタグラム)です!

徳島の大手ディスカウントリカーショップの「リカオー」 ふつう、パッケージは「自社はこんなんやでー」と伝えるもの。 ところが、リカオーさんの包装紙は、木目の普通の柄で、とても「リカオー」とは分からない。 そこには奥深い秘密が! 「リカオーはディスカウントリカーショップ。だから、リカオーとは分からない包装紙にします」 要するに「安いところで買ったな」とバレないようなデザインにしてます。 これも、パッケージによる心遣いですよね。 #パッケージ買い #パッケージ制作 #パッケージ可愛い #パケスタグラム #パケ買い #パッケージ #パッケージデザイン #パッケージマーケティング #リカオー #包装紙

松浦陽司さん(@matsuurayouji)がシェアした投稿 -


パッケージは目立てばいいってもんじゃない!
リカオーさんの包装紙のように「安いところで買ったな」と思わせないような、奥ゆかしい工夫もあるんです。
「パッケージ」は日本語で「包む」といいます。
実は「包む」の語源は「慎ましい」から来ていると言われています。
商品をそのまま渡すのは失礼だから、「慎ましい」気持ちで商品を「パッケージ」で「包む」のですねー。


パッケージは「包む」だけじゃなくって「伝える」役割もあります。
そのためには、多少、はみ出すこともある。
こんなふうにPOP調に仕上げることもできますね!


そして、パッケージは人に語れるネタにもなる!
「ラッキーエビス」は500〜600本に一本しかないといわれるラッキーなエビス!
何がラッキーかと言うと、ほら!
エビスさんの右横の魚籠の中に、鯛がもう一匹入ってる!
こんなんあったら、嬉しいですよねー。
人に語りたくなりますよねー。
SNSにもアップしちゃいます♪


そして、季節感も感じますね。

気持ちを包むパッケージ。
慎ましく、伝えて、語りたくなりますねー。

 

 

★★★ 今後のパッケージマーケティングセミナー予定 ★★★

<大阪>
2018年9月18日(火)
「一発逆転」パッケージマーケティングセミナー

<徳島>
2018年9月25日(火)
<世界でたった一つのブランドのつくり方>~西村博×松浦陽司コラボセミナー~

<徳島>
2018年11月8日(水)
<まっすー(すごはん増澤美沙緒)&まっつー(パケマツ松浦陽司)コラボセミナー>

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 10 =

ページの上部へ