顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージはモノ言わぬセールスマン】~ハレルヤ様タルト2入り紙袋パッケージ~
2018年10月29日

【パッケージはモノ言わぬセールスマン】~ハレルヤ様タルト2入り紙袋パッケージ~

個包装袋に、包装紙に、贈答箱に。
紙袋に、レジ袋に、サービス箱。
パッケージにはいろいろあるけれど
それぞれの役割ってなんだろうか?

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

「パッケージはモノ言わぬセールスマン」という言葉があります。
例えば、多くのテレビCMでは、
最後のパッケージを大きく写します

・・・それは何故か?
お客さんは商品をパッケージで覚える(識別する)からです!

個包装とか、包装紙とか、
店頭に並べられる状態のパッケージは、
そのような役割があるのですね。

でも、お客さんが購入した後に
サービスで渡すパッケージって、
どんな役割があるのでしょうか?

例えば
紙袋、レジ袋、サービス箱などは、
商品購入後に、サービスで渡すパッケージですよね?

これらのパッケージには
別の役割があると思うんですよ。
「ブランドを広げる」という。

百貨店などで購入する
紙袋などは「ロゴ」がドーンというのが多いですね。

これは店頭で紙袋を持ち歩いて
すれ違う人に「ブランド」を伝えているのですね。

さてさて、ハレルヤスイーツキッチン様で
タルト2入りの新しい紙袋ができました。

シンプルのロゴとネーミングを配置しました!

実はこれ、
主にイオンモール徳島内の店舗で使われることを想定して作られたパッケージ。
シンプルに「ハレルヤブランド」を伝えるために、
ロゴとネーミングだけにしたんですね。

それともう一つ。
タルトを4~5個入れる化粧箱があっても
2個入れるちょうどいいパッケージがなかったというのも
きっかけでした。

そして今はSNS時代なので、
紙袋側面には、
LINE@やFacebookに誘導する仕掛けも施しました。

これで、ハレルヤブランドに触れる人が増えてくれたらいいなー!

株式会社 ハレルヤ
https://www.hallelujah-sweets.com/
〒771-0220
徳島県板野郡松茂町広島字北川向四ノ越30
TEL/088-699-7611

 

★★★ 今後のパッケージマーケティングセミナー予定 ★★★

<徳島>
2018年11月8日(水)
<まっすー(すごはん増澤美沙緒)&まっつー(パケマツ松浦陽司)コラボセミナー>

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven − 2 =

ページの上部へ