顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【小学校4年生が語るマーケティング理論】~マイナスをプラスに変える商品開発~
2019年01月22日

【小学校4年生が語るマーケティング理論】~マイナスをプラスに変える商品開発~

「これは商品の致命的欠点だ」
人って欠点はよく見えます。
でもね、その欠点。
見る角度を変えたら、長所に見えたりしないですかね?

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

先日、娘の凛と一緒に南あわじに行きました。
そこで見つけたこの「ちくわ」に凛が関心してました。


「チーズが大きすぎてちくわが割れています」
商品名が、ズバリ、商品の特徴を表現してますねー。

この商品を見たときに、凛が言った言葉に関心しました。

「お父さん、この商品はね!
きっと、チーズを詰めた時に、
割れちゃった竹輪が何本が出たんだよ!
その竹輪がもったいないから、
商品名を“チーズが大きすぎてちくわが割れています”って表現にして
売り出したんだよ!
すごいねー」

うーーーん、我が娘ながら、この発想に
それこそ「すごねー」って思いました。

ちなみに

「凛、なるほどねー。
それはすごい発想だね。
ちなみに、お父さんはこう思うんだ」

と前置詞を付けて、お父さん予想も語ってみました。

「お父さんの予想だと
チーズを竹輪の穴から詰めるのが大変だったと思うんだ。
だから、チーズを最初っから割っちゃった!
その割っちゃった言い訳に
“チーズが大きすぎてちくわが割れています”って言っちゃおいう!
そうなったんじゃないかな?」

そう言うと、凛は
「そうかも知れないねーーー!」って言ってくれました。

こうやって親子でマーケティング談義するのって面白い。

ちなみに、販売者のオキフーズさんのホームページを見たけど、
この商品のことについては書いてなかったですね。
http://www.okifoods.co.jp/

商品はおいしく頂きました!
もし、真相をご存知の方がいらっしゃたら
こっそりと教えてくれると嬉しいです。

マイナスをプラスに変えるパッケージマーケティングだな!
ありがとうございます。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + 8 =

ページの上部へ