顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージを変え、用途が変わる!生まれる!事例3連発!】
2019年02月5日

【パッケージを変え、用途が変わる!生まれる!事例3連発!】

こうやって、60周年祝いのパッケージを作る。
すると、60歳や還暦の人への
ちょっと笑っちゃうプレゼントになるよね。

大切なあの人への誕生日プレゼントに
その人の年の周年記念パッケージ商品を探すのも面白いですね。

あ、今年還暦の人は、
70周年のお祝いもきっとチキンラーメン(笑)

ジュース売り場で圧倒的に目立っていた「ねぶた」のりんごジュース。
インパクトあるよね。
西野亮廣さんは「1:多の状態を作れ」と言ってるけど
まさにその通り!

あ、こんなパッケージにすると
お土産物にもなりそうな気がしますね。
青森県のサービスエリアやお土産物屋でも売れそう!

ミネラルウオーターなんだけど、
ゲゲゲの鬼太郎の目玉のおやじパッケージにすると。。。
お土産物になるし、
値段も410円になる!

いーんです。
いーんです。
だって、水を飲むために買うんじゃないでしょ?
笑いを取りたいから買うんでしょ(笑)?

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × two =

ページの上部へ