顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > マート読者とつくった紅茶ひきたつポッキー 
2011年11月4日

マート読者とつくった紅茶ひきたつポッキー 

「同業種以外の人とつき合っても意味ないよ」と思っている貴方へ。
異業種だからこそ、新しいシナリオが生まれることがありますね。

おはようございます。松浦 陽司です。
今日のネタは株式会社フジネオン(大阪府堺市)の太田早耶香さんから情報提供頂きました!
有り難うございます。

☆☆☆

株式会社 フジネオン
http://www.fujineon.co.jp/

ネオンサイン、電飾、看板はフジネオンへ
HPにはBtoBの会社にも関わらず、お客さんの喜びの声などが入ってます。
すばらしい。

☆☆☆

まずはこのパッケージをご覧ください。

 

「マート読者とつくったポッキー
紅茶ひきたつPocky カスタート&オレンジ」 です。

大人気の生活情報誌「Mart」の読者とともに、おもてなしや、くつろぎの時間にぴったりのポッキーがコラボレーションで商品化されました。

異業種企業がコラボレーションして、お互いの新規顧客創出になってます。
まず、これがすばらしい。

そして、パッケージにも「紅茶ひきたつ」と明記!
「あぁ~。このポッキーと紅茶があればくつろぎの時間が過ごせるなぁ~」という体験がイメージできます。

こちらは「ホワイト&ショコラ」味です。
紅茶に合いそうですね。くつろぎの時間の体験ができそうですね。

コラボレーションでお互いの新規顧客獲得!
「紅茶ひきたつ」で、くつろぎの時間体験の提供!
すばらしいパッケージマーケティングです。

「あ、うちの商品もあそこの会社と??」と思った貴方!
新しいパッケージマーケティングできるかも?

☆☆☆

改めて、太田早耶香さん、ネタ提供有り難うございます。
太田早耶香さんのブログ
http://ameblo.jp/fujineon/theme-10021561278.html

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + 17 =

ページの上部へ