顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > ガムを噛まなくても、パッケージを見たら目が覚めたガムのお話
2011年12月1日

ガムを噛まなくても、パッケージを見たら目が覚めたガムのお話

「会議やセミナーの途中、ついつい眠くなっちゃって」・・・という貴方へ。
私もよく眠くなります。いけませんね。

おはようございます。松浦 陽司です。
ただいま、東京は田町のホテルで記事を書いています。
今日は恵比寿で「ブランドを一瞬で伝える パッケージデザインセミナー」受講です。

☆☆☆

見てるだけで楽しいパッケージ
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11087599593.html

☆☆☆

どうしても寝てはいけない会議やセミナーではガムなどを準備しておきます。
もちろん、ガムを噛んで目を覚まそうとするのですが、
先日、ガムを噛む前に目が覚めました。

ブラックブラックガムです。

 
・・・え、なんでガムを噛む前にって?
それは、パッケージです。

答えはこちら!

 

ブラックブラックガムのパッケージがこれだけ多彩だとご存知でしたか?
見てるだけで楽しくなって目が覚めます。

ロッテさんはブラックブラックガムという、眠気覚ましガムの特性に合わせて、パッケージも目の覚めるようなパッケージにしたのです。

パッケージに遊び心を!
そして、更に商品特性「眠気覚まし」を強化してます。
面白いですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 4 =

ページの上部へ