顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > お客さんが本来、求めている価値をパッケージで表現して144%の売上!サントリーの「なっちゃん!」
2012年01月2日

お客さんが本来、求めている価値をパッケージで表現して144%の売上!サントリーの「なっちゃん!」

【お客さんが本来、求めている価値をパッケージで表現して144%の売上!サントリーの「なっちゃん!」】

「死にかけた商品の復活は無理」と思っている貴方へ。
劇的な回復をした商品もありますよ。

おはようございます。松浦 陽司です。
昨夜は松浦の実家で新年会でした!

☆☆☆

ネーミングを変えて劇的に売上が変わった
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11083712616.html

☆☆☆

サントリー なっちゃん

ご存知のロングセラー商品なのですが、2009年ごろまで非常に苦戦していました。
商品が飽きられてきた、
あるいは競合他社の類似品がでてきた、
理由は様々です。

 
これは昔のデザインです。

サントリーのスタッフは考えました。
「本来、なっちゃんに求められていることって何だろう?」

美味しいこと?
・・・それは何処のどの商品でも一緒。

果汁たっぷり?
・・・それは100%には敵わない。

「なっちゃん!」は初代なっちゃんの田中麗奈ちゃんからスタートしました。
あの時のイメージは「飲んだら元気になれる!」
そうだ!元気になれるようなデザインにしたらいいんだ!

そして「元気になれるジューシーな飲みもの」ということでデザイン変更したのがこちら!

 

ジューシーさを存分に出して、躍動感あふれる、シズル感溢れるデザインです。
しずくが飛び散るようなデザインになっています。
(ちなみに、果汁濃度も上がっております)

おかげで、2010年は昨年比144%の大復活を遂げたのでした。
パッケージマーケティングで、商品の本来の価値、本来、お客さんが求めているものを訴求する!
すると売上が上がるのです。

☆☆☆

余談

ちなみに、ジューシーさを最も表すのはミカンやレモンの断面です。
これが何故、なっちゃんに使用されなかったのか?
それはJAS法で「100%じゃないものには断面は使ってはいけない」とあるからだそうです。

こういった制限があるからこそ新しいパッケージが生まれるのかも知れませんね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + 1 =

ページの上部へ