顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【知ってます?日本人が好む縦横の比率のお話】
2012年01月10日

【知ってます?日本人が好む縦横の比率のお話】

【知ってます?日本人が好む縦横の比率のお話】

「パッケージサイズなんて、成り行きで決めたらいいんだ」と思っている貴方へ。
ひょっとしたら、大きく損をしているかも知れませんよ。

おはようございます。松浦 陽司です。
昨日はえびす祭りに行って、商売繁盛の祈願をしてきました。

☆☆☆

日本人が好む縦横比

1位 白銀比 19.3%
2位 正方形 17.7%
3位 黄金比 15.0%

☆☆☆

パッケージサイズは基本的に成り行きで決まります。
個包装のサイズが決まって、
ケースのサイズが決まって、
紙袋のサイズが決まって、
このような感じで、小さい方から順番に決まっていきます。

もし、ここでケースサイズの調整が効くのであれば、
縦横比のバランスも考えてみてはいかがでしょう?

日本人は「白銀比」という縦横バランスが一番好きです。
あまり聞きなれない言葉かも知れませんね。

白銀比 1:√2 (約1:1.414)です。


A4サイズとか、B5サイズなどが白銀比です。

これが日本人が一番、愛する縦横比なんです。
だから、パッケージを決める時も何となく決めるのではなく、調整が効くなら白銀比を意識したらいいですね。

 

そんな記事を書きながら、ふと「虎屋の羊羹ケース」を画像検索してみました。
おお!
比率が 約1:1.428
殆ど「白銀比」です!

びっくり!
虎屋さんが計算していたかどうかは分かりません。
ロングセラーには意味があるんですね。

☆☆☆

ちなみに、2位の正方形はご存知の通りです。

3位の黄金比とは 1:1.618 です。


こちらは西洋ではもっとも好まれる比率です。
名刺やタバコのサイズがそうなってます。

嘘か本当か?
モナリザは黄金比で、キムタクは白銀比だとか言われています。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 + one =

ページの上部へ