顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【買う理由を伝えないと、お客さんは買えない、買わない、つまり売れない】
2012年01月15日

【買う理由を伝えないと、お客さんは買えない、買わない、つまり売れない】

【買う理由を伝えないと、お客さんは買えない、買わない、つまり売れない】

「丁寧な言葉がいいんです」という貴方へ。
その丁寧な言葉遣い、伝わってますか?

おはようございます。松浦 陽司です。
昨日は凛と雪山に行ってきました。

☆☆☆

トップの横展開
①部屋干しのニーズに応えた
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11134377285.html
②洗濯機を持っていない人に洗剤を売る
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11134384808.html

☆☆☆

お客さんの86.5%は店頭で自分の買うものを決めるそうです。
つまり、殆どのお客さんは来店前に買うものを決めていません。

パッケージでいかにお客さんの心を捉えるかが重要。
0.5秒でキャッチできたらすごいですね。

簡単に買う理由を伝えるコトバがあります。
それは

限定
保証
希少性
おまけ
ここだけの
割引
増量
先着

こういったコトバを使うと、お客さんに「買わないと!」という気を起させます。

限定・・・今買わなきゃ!
保証・・・それなら安心だ。
希少性・・・早く買わないとなくなっちゃう!
おまけ・・・お得だから
ここだけの・・・えっ!?本当?!
割引・・・安いんだから
増量・・・得しちゃった
先着・・・今なら間に合う!

このような心理状態になるんです。

数量限定 シトラスフルーツ 部屋干しトップ

しっかりとパッケージで「数量限定」を訴えてます。
(3000パック限定とか、数字も入った方がいいとは思います)

お客さんに「それじゃ、試してみよう」と思わせますね。
こういったお客さんの心を捉えるコトバをパッケージに載せてみませんか?

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × three =

ページの上部へ