顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【コンセプトが変われば、カラーも変わるパッケージマーケティング ~青の洞窟 日清フーズ~】
2012年01月20日

【コンセプトが変われば、カラーも変わるパッケージマーケティング ~青の洞窟 日清フーズ~】

【コンセプトが変われば、カラーも変わるパッケージマーケティング ~青の洞窟 日清フーズ~】

「パッケージは目立てばいいんんだよ!赤、黄、黒!」と思っている貴方へ。
みんながみんな、そう考えたら、商品は埋もれてしまいますね。

おはようございます。松浦 陽司です。
昨日は同友会で附屋の山内部長のお話を聞きました。

☆☆☆

絶妙のカラーで売れている商品たち

アイル 東京カンパネラ
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11112786470.html
日清食品 カップヌードル
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-10986267473.html

☆☆☆

食品といえば、一般的には暖色系をパッケージに使います。
もちろん、これは正解!王道です!

ただし、他の会社も同じことを考えています。
・・・ということは、同じような色の中に埋もれてしまいますね。

 
日清フーズ 青の洞窟 シリーズ
パスタという食品ですが、青の美しいパッケージを採用してます。

実はこれ、コンセプトが他のパスタと違うからなんです。

「欲深い大人の濃厚イタリアン」がコンセプト!

 

だから、時代を反映した低価格志向のパスタとは差別化!
採用されたのが「青」。
家庭用食品の中でも独自のポジションを築きました。

 

普通、青を使うと、冷たそう、まずそう、といったイメージがでます。
でも、青の洞窟は、写真を大きく使うことなどで、その点がクリアされてます。
シズル感もたっぷり出ていて、
まさに、「欲深い大人の濃厚イタリアン」というコンセプトを感じます。

パッケージマーケティングの世界で、カラーの選択も非常に重要です。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen + five =

ページの上部へ