顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【日清 カップヌードル 国内累計200億食突破!】
2012年03月30日

【日清 カップヌードル 国内累計200億食突破!】

【日清 カップヌードル 国内累計200億食突破!】

 

おはようございます。
パッケージで価値を伝えることが大切と思っている松浦 陽司です。

日清のカップヌードルの国内累計販売個数が200億個を達成したそうです。
(2012年2月6日発表)

・・・なんで気づいたかって??
会社のランチタイムで、パッケージ松浦の矢野部長が食べているパッケージに書いてあったからです(笑)

ほら!
パッケージの右上に大きく「200億食突破」です。

こうやって「数字」を出すことは非常に大きな意味があります。
お客さんに信頼やノスタルジー、あるいは目新しさを与えます。

「これだけ売れてるんだから美味いだろう」
「そういえば2~3年、食べてないなぁ。久しぶりに買おう」

 

お客さんの心の中に価値を生みます。
そして購買動機につながるのです。

もっと言えば、
バイヤーさんに販売してもらう理由にもなります。

「200億食突破キャンペーンなんで!」
そう伝えると、バイヤーさんも
「それなら陳列棚を大きくしようか」
そんな風になります。

 

よく見たら、カップパッケージの背景に、
歴代のカップヌードルのロゴも印刷されています。

さらにクラシックな感じを与えますね!
懐かしいロゴでノスタルジーも感じます。

パッケージでこういったことをアピールすると、お客さんの心に響きます!
事実、私は目の前の矢野部長の食事中に気づきました(笑)

さて、中小企業に置き換える勝手にコンサルコーナー!

この「キャンペーン」ですが、いろいろな数字の切り口があります。
今回のように「国内累計」もありです。
「○○周年記念」もありですね!

覚えていますか??
昨年、カップヌードルが「40周年記念パッケージ」で発売していたことを!

 

つまり、
昨年が「40周年」、今年が「累計200億食」で2年連続キャンペーンをしているわけです!

私は予想します。
カップヌードルなら、世界累計でまた近々キャンペーンをするのでは(笑)?


どうです。
この事例は中小でもすぐにできるでしょう。

中小企業でも切り口を変えることで、いろいろなキャンペーンが組めますよ!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + seven =

ページの上部へ