顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【SNSに誘導するパッケージっていかがでしょう?】
2012年04月9日

【SNSに誘導するパッケージっていかがでしょう?】

【SNSに誘導するパッケージっていかがでしょう?】

おはようございます。松浦 陽司です。
趣味でフェイスブックもやってます!

 

よかったらお友達になってください。
http://www.facebook.com/?ref=home#!/profile.php?id=1801376503


今日は事例の紹介でなく、
「パッケージでこうやったらいいのに!」という提案です。
全文、「勝手にコンサル」の文章です。

昔のお寿司屋さんと言えば、勝手に写真を撮っていると
「なにやってんだ、べらんめぇ!」と怒られていたかも知れません。

今のお寿司屋さんは写真を撮っていると
「お!写真撮ってんの?ブログ?有り難いねぇ」と言ってくれるところもあります。

つまり、SNSが偉大な力を発揮して、そして世間にも認知されているということです。

 
 
フェイスブックのユーザーが昨年900万人を突破!
今年の3月には1360万人突破しました!
実に日本の10人に一人が登録していることになります。

そして、その人たちがブログに、フェイスブックに、ツイッターに
その記事を掲載してくれるということは、
全世界に無料で宣伝してくれているということです!

すごいことですよね!

どうでしょう?
パッケージに「この商品の感想を是非、SNSで投稿してください」というような印刷をしたら。

「このラーメンを美味しそうに食べている画像をぜひブログに投稿してください」
「5種類あるお菓子を全部集めて、このフェイスブックファンページに投稿してください」
「ほっと一息ついたら、“××で一息なう”とツイッターで呟いてください」

そんなメッセージをパッケージにつけてやるんです。
全世界で宣伝してくれるわけですから、こんなすごいことはない!
もはや、SNSを無視することはありません!

如何でしょうか??


東京のFM局「J-WAVE」の「グロウ・グリーン・プロジェクト」
ゴーヤーの種が入ってます。
みごとにフェイスブックに誘導してます。
 
あなたの育てたゴーヤの写真を
ぜひフェイスブックでご紹介ください!

こういったSNSの活用はこれから必須ですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − four =

ページの上部へ