顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト 全国47都道府県の自然を守れ】
2012年05月5日

【アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト 全国47都道府県の自然を守れ】

【アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト 全国47都道府県の自然を守れ】

おはようございます。松浦 陽司です。
GWで子守り疲れが出そうです(笑)

 

アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト!

パッケージの本体やラベルに
「この商品1本につき1円が環境保全などに活用されます」と明記。

 

売上の一部を、全国47都道府県ごとの自然や環境、
文化財等の保護・保全活動に活用しているそうです。

 

年に1~2回、期間限定で活動されているようです。
2009年に第一弾が開催され、2011年には第5弾も終了。
今までに累計3億3800万円以上の寄付!

すばらしいですね。

四国・徳島でも当然、この活動は行われていました。

私が素晴らしいな~と思うのは、ちゃんとパッケージに活動内容を明記していることです。

 

時々、「慈善活動」のことを「偽善活動」のように悪く言う人がいます。
そのため、自ら「こんなことパッケージに書いたら偽善と思われてしまう」と感じる奥ゆかしい人もいます。

でも、私は思うんです。
「立派な活動をしていて、何を隠す必要があるんだ!
社会貢献していることは、しっかりと明記した方がいい!
その方が、その活動に賛同してくれる人が気づいてくれる。
共感してくれる人が増える」

 

パッケージに会社の取り組みをしっかりと明記して伝えること。
これだって、お客様にとって「選ぶ理由」になるかと思います。

正しい活動、社会貢献活動をしている会社や商品が選ばれるパッケージマーケティングです。

さて、ここでいつもと違うお願いです。

実は今日のネタはFBで高橋誠さんとやり取りしているうちに気づきました。

よかったらこの記事を読んでいる貴方!
「面白いパッケージがあるよ」
「このケース、変わってるねぇ」
「あそこの袋が販促物として優れている」
「ああ!このシールにやられた!」

そんなパッケージがあったら是非、ご紹介ください。
私の視点だけだと偏ってしまうものですから(笑)

どうぞご協力、宜しくお願いします。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + fifteen =

ページの上部へ