顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージでお客さんの喜びの声を集めて売上アップ、更に社員さん満足とお客さん満足を高めよう!】
2012年06月12日

【パッケージでお客さんの喜びの声を集めて売上アップ、更に社員さん満足とお客さん満足を高めよう!】

【パッケージでお客さんの喜びの声を集めて売上アップ、更に社員さん満足とお客さん満足を高めよう!】

こんばんは。
こんな時間になってしまった松浦 陽司です。

今日はちょっとパッケージマーケティングの番外編です。


リクロ―おじさんのチーズケーキのケースはうまいパッケージの使い方をしています。

 
裏面にアンケートハガキをつけて、お客さんからの意見を聞きとっています。
詳しくはこちら
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11002072949.html

 
味の素 ほんだしのパッケージも素晴らしい。

 
裏面にキャンペーンハガキをつけることで、お客さんとの関係性を創っています。
詳しくはこちら
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11259017085.html

こうやって、パッケージの裏面、底面などに、アンケートなどをつける工夫で、お客さんとの関係性が強化できます。

さて、今日のパッケージマーケティングコンサル話はこのアンケートのお話。

結論から言うと「アンケートはお客様の喜びの声を集めるように」取ろうということです。

「・・・え?アンケートはお客様の不満を集めるんじゃないの?」
そう思った貴方はもうちょっと私の話を聞いてくださいね。

例えば「お客様の御不満をお書きください」とアンケートに書きます。
するとお客様の脳のスイッチは切り替わります。
「この商品の悪いところは何処だ?」
「どの店員の接客が悪いかった?」

重箱の隅をつつくような不満探し脳、クレーム製造脳になってしまうんです。
こんな恐ろしいことはありません!

当然集まるアンケートは悪口ばかり。
これでは従業員がアンケートを見ることを恐れてしまいます。
モチベーションまで下がってしまいます。

では、どうすればいいのか?
美点凝視アンケートです!
お客様の喜びを集めるアンケートです!

例えば単純に
「お誉めください!」
「よかった点をお聞かせください」
「幸せメッセージをお聞かせください」

こんな感じです。

すると、お客さんの脳はスイッチが変わります。
「この商品の良いところは何処だろう」
「この店のどの娘の接客が良かっただろう」

お客さんの脳が美点創作脳、幸せ製造脳になるんです。
当然、集まるアンケートは幸せメッセージばかり。

すると、従業員がアンケートを見るのが楽しみになるんです!
モチベーションが上がるんです。

 

<長野県白馬 五龍館の客室に置いてある アンケート用紙事例>

++++++++++++++++++++++++

18年前にはよく泣いていました。

五龍館に嫁いで18年になります。中村ゆかりです。

旅館と言う環境 田舎のお付き合いに戸惑い 本当に

めそめそしていました。今では白馬の景色 風 旨い水

そしてここの住む人 仲間が大好きです。

何よりもみなさまの笑顔が大好き

楽しそうだなぁと思うとわたしも楽しくて 幸せになります。

いつも励ましてくださる家族や友人のようなお客さまも多くて

わたしの宝物です。これからも お客様と一緒に

笑っている宿と 私で居たいと思います。

++++++++++++++++++++++++

ここで、やっと

「是非、皆さまの感想やメッセージをお教えください」とくる訳です。

もう、クレームなんて書けませんよね(笑)

事実、この五龍館では、不満を集めるアンケートをとっていた時、
お客さんのチェックアウトが恐かったそうです。

だって、不満だらけのアンケートが集まるから。
もちろん、社員さんのモチベーションが下がる下がる。

このアンケートに変えてから、チェックアウトが楽しみになったそうです。
だって、お誉めの言葉を頂けるから。
社員さんのモチベーションが上がる上がる!

今日はパッケージマーケティング番外編でした。
アンケートの取り方を見直してみることも必要ですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − fifteen =

ページの上部へ