顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【商品の価値がそのまま伝わるパッケージ、ネーミング、そして見た目のパッケージデザイン】
2012年06月19日

【商品の価値がそのまま伝わるパッケージ、ネーミング、そして見た目のパッケージデザイン】

【商品の価値がそのまま伝わるパッケージ、ネーミング、そして見た目のパッケージデザイン】

こんにちは。松浦 陽司です。
本日はこんな時間になってしまいました。

ネーミングやデザインででお客さんに「伝わりやすい」パッケージをつくることは非常に大切です。
商品の良さが伝わらないと、お客様にとってはないのと同じ。
つまり、売れませんから。

非常に伝わりやすい商品はたくさんあります。

「ネーミングは短く、カッコよく」の嘘
ご存知、「じっくりコトコト煮込んだスープ」
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11059312550.html


小林製薬さんの商品はみんな伝わりやすい。
「のどぬ~るスプレー」
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11064156041.html


ハウス「温めずにおいしいカレー」
面倒な温めがいらないということで価値が伝わりました。
1ヶ月で1億円の大ヒット!
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11260750212.html


究極に、分かりやすいパッケージ(笑)
「じっくりと直火釜で焙煎し、素材の香ばしさを引き出しました。カカオローストオニオンの深みをブレンドした味わいは、まさに香りの逸品です。直火釜焙煎カレーフレーク深みロースト」(ヱスビー食品)です!

以上のものはネーミングで勝負している事例です。
文字媒体(コピー)で伝える要素が大きいですね。

こちらはずばり、パッケージデザイン(視覚)で伝えるものです。

 

これ、なんだと思います?
そうです、「フルーツジュース」です!

・・・って、見た目そのままですね(笑)

このような素材感たっぷりのパッケージも面白いですね!

さて、勝手にパッケージマーケティングコンサルコーナーです。

中小企業ならここまではなかなかできません。
でも、抜き型だけなら案外簡単にできます。

これは先日の事例の「ダイナマイトスイカ」です。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11279502839.html

スイカに貼っているシールもスイカ(爆弾?)型です。
ダイナマイトの導線(スイカのヘタ)部分も火花が散っているような抜き型シールです。

こうやって、抜き型程度の工夫でしたら、簡単に低予算でできますよ。
商品の価値を伝えやすくするために、御一考、いかがでしょう?

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × three =

ページの上部へ