顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パティシエ エス コヤマのバウムクーヘンはまるで連載小説のようなパッケージ】
2012年06月29日

【パティシエ エス コヤマのバウムクーヘンはまるで連載小説のようなパッケージ】

【パティシエ エス コヤマのバウムクーヘンはまるで連載小説のようなパッケージ】

こんにちは。松浦 陽司です。
兵庫県三田市で非常に有名なエスコヤマさん。
こちらのバウムクーヘンのお土産を頂きました。


コヤマのバウムクーヘンはまるで絵本のようなパッケージにしております。
これだけで可愛いですね。

 
スライドして、絵本が出てきます。
ちなみに、本の帯にこのように書いてあります。

☆☆☆

少年・ススムと大きな木の出会いの物語。
田舎のおばあちゃんちで過ごした、
ある楽しい夏休みのメモリー

☆☆☆

 

パッケージでなく、本当に絵本のようです。

 
パッケージを開くとそこにはさらに物語が・・・

☆☆☆

思い出の大きな木 Ⅰ

毎年、セミがミンミンうるさく鳴きはじめると・・・
(かなり中略)
大きな木とススムは、ずっと、ずっと、いっしょだった。

☆☆☆

このような物語が書いてあります。

注目すべきは「Ⅰ」です!
これは連載されるんですね。

デザインもさることながら、
パッケージの形態もさることながら、
ストーリー性を持たせる工夫もされています。

「そう言えば、Ⅱになったかしら?」
そんな風に思って、また店に足を運ぶお客さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

こんな商品にストーリーを持たせるパッケージも非常に面白いですね!

まぁ、なかなかここまでパッケージにお金をかけるのは大変です。
そう言った場合のパッケージマーケティングとしては、ずばりネーミングにストーリをつけることです。


「四代目と喧嘩しても作りたかった五代目の米粉カステラ」
こんな商品があります!
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11087689882.html

ネーミングだけで、どんなストーリーがあるのか気になりませんか(笑)?

※今回のエスコヤマのバウムクーヘンは、知人の高橋誠さんから頂きました!
有り難うございます!
(紹介が遅れて済みませんでした)

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + one =

ページの上部へ