顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【アイル「東京カンパネラ」の東京スカイツリー限定パッケージ 地域限定パッケージで商品価値アップ】
2012年07月15日

【アイル「東京カンパネラ」の東京スカイツリー限定パッケージ 地域限定パッケージで商品価値アップ】

【アイル「東京カンパネラ」の東京スカイツリー限定パッケージ 地域限定パッケージで商品価値アップ!】

おはようございます。松浦 陽司です。
パッケージマーケティングネタがいよいよ364本!
明日が365本達成予定日です!

 

昨日は「東京カンパネラ」の「ひまわりパッケージ」の話をしました。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11302050133.html

季節によってパッケージを変えるだけで
季節感を感じるお客さんの買う理由になるんです。

・・・で、他にどんなイベントがあるかというと、
「地域限定」
「場所限定」などの企画パッケージで販売促進する方法もあります。

 

「東京カンパネラ 東京スカイツリー パッケージ」
やさしい色遣いでデザイン的にも可愛いですね。

この「地域限定」などは実は非常に意味があるんです。
お客さんが「あ、ここでしか買えないんだ!」ということが伝わるからです。

「羽田空港ひとくちおこわ」もそうだったんです。

昔は「松坂牛ひとくちおこわ」という名前でした。
ところが全然、売れず・・・。

「羽田空港ひとくちおこわ」と名前を変えることで、
「あ、ここでしか買えない」という価値を伝えて、
年40万個販売という売上アップにつなげました。


参考記事はこちら
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11061198265.html

ぜひぜひ、
「地域限定」
「場所限定」
「イベント限定」などのパッケージで、お客さんに商品価値を伝えてあげてくださいね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + 11 =

ページの上部へ