顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ロッテの“母の日にガーナ”は実はパッケージのこじつけから!売上アップにストーリーを!】
2012年08月6日

【ロッテの“母の日にガーナ”は実はパッケージのこじつけから!売上アップにストーリーを!】

【ロッテの“母の日にガーナ”は実はパッケージのこじつけから!売上アップにストーリーを!】


おはようございます。松浦 陽司です。

世間はオリンピックで盛り上がっていますが、
私は淡々とパッケージマーケティングネタを書いてます。

 

本当に私って、世間からずれてますね(笑)
なんと、今日は「母の日」の話をします(爆)

「母の日と言えば?」、貴方は何を思い浮かべますか?
多くの方が「母の日=カーネーション」ではないでしょうか?

では、「カーネーションと言えば?」
多くの人が「カーネーション=赤」となるのでは?


では「赤といえば?」
多くの人が「赤=ロッテのガーナチョコレート」になるのでは?

・・・ん?
苦しいですか(笑)?
でも、この苦しいコジツケから、ガーナの快進撃が始まったのです!

 

「なんとか、チョコの需要を伸ばしたい!」
そう考えたロッテの方々が考えたのが「母の日にガーナ!」

そうです。
無理やりな「色」つながりだけだったのです。

 

でも、他のチョコレートでは真似ができませんでした。
だって、茶色パッケージが多いから。

「母の日にガーナ」を訴えることができたのが、
ガーナレッドパッケージのガーナチョコレートだけだったんです。


これでどうなったかというと、
2001年から2008年にかけて売上が6倍に!
2008年からは4年連続板チョコ国内売上No.1になっているんです。

苦しい謎かけのような
母の日=カーネーション=赤=ガーナチョコレート
という、パッケージの色からキャンペーンを組んで、
そこから売上を上げられたんですね。

 

本当に素晴らしい!
パッケージの「赤」に価値を見出して、ここまで挑戦するとは!

貴方の会社ではないでしょうか?
パッケージから価値を生み出せることが?!
味以外の価値、本来の価値以外の価値が眠っているかも知れませんよ!

☆☆☆

 
まだ、ガーナレッドの記事を読んでいない方はこちらをどうぞ!
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11319777489.html

☆☆☆

強引なイメージの連想で商品企画された
ガリガリ君フェイシャルシートの話もどうぞご覧ください。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11315427505.html

☆☆☆

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − eighteen =

ページの上部へ