顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【思い出の残るパッケージの数々 ~パッケージは子供のころの記憶を呼び覚ます~】
2012年09月2日

【思い出の残るパッケージの数々 ~パッケージは子供のころの記憶を呼び覚ます~】

【思い出の残るパッケージの数々 ~パッケージは子供のころの記憶を呼び覚ます~】


おはようございます。松浦 陽司です。
昨日のカンカンマンの記事について、フェイスブックでこんなコメントを貰いました。

 

「子供のころは、父親の缶ピースが筆立てだったり、貯金箱だったりしてました・・・。懐かしい思い出!」
(久原孝子さんのコメント、有り難うございます)

そうなんです。
パッケージが生活のワンシーンとして、
家族との思い出の品として、
記憶の残っているんですね。

 

そうすると、大人になっても、その記憶に残った商品を購入する。
そんな可能性もあります。

 

タバコ=ピース
そんな方程式ができあがります。
(私はタバコはすいませんが・・・)

そんな思い出づくりパッケージは他にも色々とありますよ

いいちこパーソンも「捨てられないパッケージ」がコンセプト
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11149383688.html

有田の金八みかんも子供との関係性づくり
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11161381030.html


ディズニーの缶は本当に代表的な事例
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11224427326.html

 

カンカンマンの伝える「関係性づくりパッケージ」で、
お客さんの思い出の一部になりませんか?

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − 3 =

ページの上部へ