顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージでお客さんと関係性をつくる 覚えてもらえなければ、存在しないのと同じ】
2012年09月21日

【パッケージでお客さんと関係性をつくる 覚えてもらえなければ、存在しないのと同じ】

【パッケージでお客さんと関係性をつくる 覚えてもらえなければ、存在しないのと同じ】

おはようございます。松浦 陽司です。
昨日はパッケージの「色」と「形」の話を書きました。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11359734028.html 

お客さんは商品名や細かいことをなかなか覚えてくれません。
「なんとなく赤いチョコのパッケージ」
「なんとなくボトルの形に似ているパッケージ」という感じです。

・・・え?
そんなの本当かって??

では、ちょっと質問を変えてみましょう。

Q.頭の中に、ロッテのガーナミルクチョコレートを思い浮かべてみてください!!

さて、貴方の頭の中に思い浮かんだのはどっちでしょう?

①茶色のチョコレート

②赤いパッケージ

多くの人は「赤いパッケージ」が思い浮かんだのではないでしょうか?

そうです。
お客さんにパッケージを覚えてもらうことは重要です。

貴方の会社のパッケージは、「覚えてもらいやすい」ように工夫をされていますか?

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × two =

ページの上部へ