顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【受験生応援パッケージ グリコ  DOMBURI亭。受かるじゃが、勝て勝て!カフェオーレ…他】
2013年02月14日

【受験生応援パッケージ グリコ  DOMBURI亭。受かるじゃが、勝て勝て!カフェオーレ…他】

【受験生応援パッケージ グリコ 「DOMBURI亭」「受かるじゃが」「勝て勝て!カフェオーレ」…他】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。


前回、GAんBAれ受験生GABA(ギャバ)の記事を書きました。
(前回記事 http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11469611266.html )
今回はその続きを。

グリコさんはこう言った「受験生応援パッケージ」で
いろいろと商品展開をされております。

 
DONBURI亭
がんばる受験生への応援メッセージなどが入ってます。

 
 
受かるじゃが
合格祈願と共に図書カードが当たる企画も。

 

勝て勝て!カフェオーレ コーヒー濃い目
カフェイン2.5倍で受験生の眠気対策に

 
パナップ
こちらも頑張る受験生向けでスマイルパナップになってます。

 
ニコニコパピコ

 
ジャイアントコーウン
よく見ると、「コーン」ではなく、「コーウン」になってます。

こんな風にいろいろと受験生向けパッケージを展開してます。

なんでこんな展開をするのでしょう?
私は3つの狙い(①単純に受験生応援②購買層を広げる③ブランド化)があると考えます。

①単純に受験生応援
これは見ての通り。

②購買層を広げる
「受験生向け」とすることで、今まで買わなかった層の人が買いますね。
●「うちの娘も頑張っているから、今日も買ってあげようか」
→それでお母さんが買う。
●「私のストレスを解消してくれるなら買ってみようか」
→それで学生が買う。
こんな感じです。

③ブランド化
「そう言えば受験のお供に“受かるじゃががあったよなぁ~”」
こんな気持ちが受験生に宿ります。
すると、なんでもない時でも受かるじゃがを思い出すようになるんです。
お客さんの心の中に「ブランド」として花開くのです。
(ブランド再生と再認 http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11450147437.html )

単に奇をてらってこんな特別パッケージをつくっている訳ではないのです。
こうやっていろいろな意味が込められているんですね。

さて、あなたはパッケージにどんな意味を込めていますか?

すると

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 5 =

ページの上部へ