顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ラーメン21,000杯食べた男が唸った一杯!大崎裕史の美味しさ新発見大分佐伯醤油豚骨ラーメン】
2013年03月29日

【ラーメン21,000杯食べた男が唸った一杯!大崎裕史の美味しさ新発見大分佐伯醤油豚骨ラーメン】

【明星 ラーメン21,000杯食べた男が唸った一杯! 大崎裕史の美味しさ新発見 大分佐伯 醤油豚骨ラーメン】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

2013年3月25日(月)発売!
「明星 ラーメン21,000杯食べた男が唸った一杯! 大崎裕史の美味しさ新発見 大分佐伯 醤油豚骨ラーメン」

もはや、この商品名だけで、説明は不要!

どんなセールスポイント、伝えたいことがあるのか明確です(笑)
 
一応、解説すると2つの売れるパッケージ要素が入っております。
①数値的権威
②顔出し、名前出し

①数値的権威

アメリカ映画でよくありますよね。
「全米ナンバー1大ヒット!」
「アメリカ全土で1億人が泣いた!」

誰が、何処で、集計したデータかはよく分かりませんが(笑)

 
 
とにかく「数値的になにか証拠になるもの」があれば、
人はそこになんとなく惹かれてしまうのです。
 
 
「ラーメン21,000杯食べた男が唸った」
 
毎日1杯ずつラーメンを食べても、
57年以上かかるんです(笑)
 
 
すごい数値ですね。
こう言った「数値的権威」に人は惹きつけられます。
 
 
②顔出し、名前出し
 
 
「大崎裕史」さんが顔と名前を出しています。
 
 
この方、ラーメン評論家としては有名なのですが、
・・・知ってましたか?
知らない人も多いでしょう。
 
 
知らない人も多いはずなのに、
「食べたくなったぞ」という方は多いはず。
 
 
何故かというと、顔や名前が出ることで、
無条件で「そうか、大崎さんがいうことなら」という
不思議な信頼感情が芽生えるのです。
 
 
 
①数値的権威で、自社独自の数字をアピールし、
②顔出し、名前出しで、信頼感をアップするパッケージマーケティングはいかがでしょう?
 
 
 
 
 

 
 
さて、余談。
 
大崎裕史さんはどうやら54歳のようです。
1日に何杯食べているのやら??
 
 
ちなみに、2009年2月の段階では「16800杯」となってます。
この度2013年3月の段階で「21,000杯」です。
 
 
推測すると、49カ月ですから、
1か月平均約86杯!
1日平均2~3杯!(ほぼ3杯に近いです)
 
 
恐ろしいペースで食べていますね(笑)

お身体、ご自愛ください(笑)(笑)

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × two =

ページの上部へ