顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【モスバーガーのブランドアイデンティティとブランドイメージをがっつり一致させるパッケージ】
2013年08月16日

【モスバーガーのブランドアイデンティティとブランドイメージをがっつり一致させるパッケージ】

【モスバーガーのブランドアイデンティティとブランドイメージをがっつり一致させるパッケージ】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

モスバーガーといえば、どんなイメージをお持ちでしょうか?
なんとなくでいいんです。
考えてみてくださいね。

素材にこだわってそう。
食材が安心。
環境にもよさそう。
美味しい。

なんてキーワードがでてくると思います。

MOS(モス)とは、
Mountain(山)・Ocean(海)・Sun(太陽)の頭文字をつないだもの。

「山のように堂々と」
「海のように深く広い心で」
「太陽のように燃え尽きることのない情熱を持って」
事業に取り組んでいく精神が込められています。

ということらしいです。
自然に優しい感じが伝わりますね。

モスもブランドアイデンティティとして「自然に優しい」ということを伝えます。
消費者にも「自然に優しいだろう」というブランドイメージが伝わっています。

企業の伝えたいアイデンティティと、
消費者が思ってくれるイメージが、
がっつりイコールになるということ。

これが非常に大切なんですね。

そのための企業努力が必要です。

モスのアイスコーヒーのパッケージです。
デンプンを主権料とした「バイオマスプラスチック」を使用した
環境に優しいパッケージです。

企業の判断軸の一つに「価格」があります。
ハッキリ言って、バイオマスプラスチックのパッケージは、普通のパッケージより高いです。

でもモスバーガーの重要な判断軸は「自然に優しい」です。
多少高くっても、バイオマスプラスチックが選ばれる訳です。

自社のブランドアイデンティティは?
重要な判断軸は?
考え直すと、パッケージも変わってきます!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − two =

ページの上部へ