顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ほんだしのパッケージ変遷11連発!一目で「ほんだし」という要素を残しつつのパッケージ変更】
2013年10月1日

【ほんだしのパッケージ変遷11連発!一目で「ほんだし」という要素を残しつつのパッケージ変更】

【ほんだしのパッケージ変遷11連発!一目で「ほんだし」という要素を残しつつのパッケージ変更】

おはようございます。
世界初、徳島初、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

「ほんだし」が約40年の歴史の中で
たびたびパッケージ変更してきたことをご存知でしょうか?

1970年

1975年

1983年

1988年

1992年

1995年

1998年

2001年

2006年

2007年

2008年

並べて、細かく見たら、決行デザインは変わっています。

でも、実際に皆さんが店頭で見て
「パッケージが変わったぞ!」なんて印象ないでしょう?

それはデザインのアイコンというか、
「丸の中にかつおのマーク」が引き継がれているからです。
(一種、キャラクター化してますね)

2007年には鰹の向きが変わってます。
(右肩上がりということだろうか?)

「ほんだし」のようなブランド化された商品になると、
あまり急激にパッケージ変更するのは好ましくないんです。

それはお客さんが探せなくなるから!
極端な話、ほんだしのパッケージが真っ黒になって、すだちくんが入ったら?
お客さんは「ほんだし」と認識できなくなります。

だから、ほんだしと一目で分かることが大事なんですね。

逆にブランド化されていない商品であれば、
思い切ってパッケージもロゴも商品名も全く変えてしまう方法もあります。
(詳しくはこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11132636770.html )

自社の商品はブランド化されているのか?まだなのか?
そのポジションを一度、確認することも大切ですね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 + seven =

ページの上部へ