顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ブランドカラー 黄×黒 セゾンファクトリーはパッケージも店舗デザインの一つとして考える】
2013年10月26日

【ブランドカラー 黄×黒 セゾンファクトリーはパッケージも店舗デザインの一つとして考える】

【ブランドカラー 黄×黒 セゾンファクトリーはパッケージも店舗デザインの一つとして考える】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

セゾンファクトリーという山形発の加工食品メーカーがあります。
デパ地下で直営店を伸ばし、現在は31店舗!

店舗を遠くから眺めても
「あ!セゾンファクトリーだ!」とすぐに分かります。

その理由は「ブランドカラー」です。
黄×黒のブランドカラーをとっても大切に使います。

よくあるパターンとしては、
「ドレッシングはA社の○○さんがデザイン」
「ジャムはB社の××さんがデザイン」
「ジュースは社長である俺がデザインした」
というようなデザイン方法。

結果、一つ一つを見るととってもいいパッケージ!
でも店頭で並べてみると、・・・あれ?違和感があるぞ?!
ということになります。

セゾンファクトリーでは、一つ一つ見てもとってもいいパッケージ。
そして、店頭で並べてみても統一感がある。
店舗デザインの一つとして、パッケージを考えているのです。

全体としてみても、黄色と黒色で、とっても統一感がありますね。

セゾンファクトリーではパッケージデザインを社内で行うことで
統一感を持たせる工夫をしています。

こうやってパッケージを店舗の一部として考えることも、
ブランド力を高めるのに重要ですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + six =

ページの上部へ