顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【売上が10年間で2倍以上!サラヤのヤシノミ洗剤パッケージがステンドグラス風イラストの理由】
2013年11月25日

【売上が10年間で2倍以上!サラヤのヤシノミ洗剤パッケージがステンドグラス風イラストの理由】

【売上が10年間で2倍以上!サラヤのヤシノミ洗剤パッケージがステンドグラス風イラストの理由】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

記念すべき、888本目のパッケージマーケティング®です!
みなさん、有り難うございます。

昨日も紹介したサラヤ ヤシノミ洗剤パッケージの更なる謎!
(昨日の記事はこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11710859839.html )

さて、このパッケージをよくご覧ください。
通常であれば、パッケージ正面にしっかりと書かれていなければならない!
そんな重要な要素がこのパッケージ正面にはありません!
それはなんでしょう??

答えは「企業名」です。

通常、企業のブランド化のためには、ネーミングを必ず書いておくことが重要です。
せっかくのブランド要素であるネーミングです。
何度でも目にして、思い出して貰わないと!

このことはブランド再認といいます。
詳しくはこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11619763181.html

ところが、ヤシノミ洗剤には入ってないんですね。

サラヤの考え方はこうです。
「台所に会社名や企業ロゴが並ぶパッケージは、企業のエゴではないか?」

この考えのもと、インテリア性の高いボトルパッケージになりました。

もちろん、このステンドグラス風のイラストが、
もう「ヤシノミ洗剤」として認知されているということもあります。
それにしたって、すごい決断です。

ヤシノミ洗剤は静かに浸透を図り、売上を伸ばしております。
2002年から2012年前の10年間で、売上は約2.1倍です。

顧客のニーズを掴み、パッケージリニューアルを図るヤシノミ洗剤!
なかなか決断できない、しかしお客様のことを考えたパッケージマーケティングです。
商品自体がブランド化されていないと、真似しちゃだめですね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 + 12 =

ページの上部へ