顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【99%売れないと言われていたカップヌードルが売れたきっかけは「あさま山荘事件」だった!】
2013年12月13日

【99%売れないと言われていたカップヌードルが売れたきっかけは「あさま山荘事件」だった!】

【99%売れないと言われていたカップヌードルが売れたきっかけは「あさま山荘事件」だった!】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

今や、食べたことないという人を探す方が難しい。
なんと1971年の販売以来、世界累計310億食売れている
日清 カップヌードル!
(2011年時点の数字)

実は販売前は「99%売れない」と言われていたそうです。
その理由は「パッケージ」です。

販売が開始された1971年当時、既に袋入りの即席麺がありました。
「日本中のどの家庭にもドンブリはある。
わざわざ値段の高いカップパッケージの商品を買う人はいない」
というのが「99%売れない」と言われた理由です。

このカップヌードルが爆発的に売れるようになった理由!
実は「あさま山荘事件」がきっかけだったと言われています。

すこし、ウィキペディアを抜粋します

☆☆☆

発売翌年の1972年昭和47年)2月あさま山荘事件が起きた際に、機動隊員たちがカップヌードルを食べる場面が全国に生中継され、視聴者の注目を集めた[18]。当時、事件の現場はマイナス15度前後の寒さで、隊員たちに配給される弁当も凍ってしまうため、熱湯を注ぐだけですぐに食べられるカップヌードルが非常食として導入されたものであった。

これをきっかけにカップヌードルの認知度は飛躍的に高まり[18]、各地域から販売希望が多数寄せられ、その要望にこたえて後に全国発売となった。
☆☆☆

そうなんです。
この報道をきっかけに「新しい食べ方」である「カップヌードル」が急速に広まっていったのです!
世界中で310億食売れてますからね。

「99%売れない」と言われていた理由もパッケージ。
「310億食売れた」理由もパッケージ。
非常に面白い関係ですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − six =

ページの上部へ