顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「切腹最中」 お客様は最中が欲しいわけではない→クレームに笑って謝罪できる商品が欲しい】
2014年08月7日

【「切腹最中」 お客様は最中が欲しいわけではない→クレームに笑って謝罪できる商品が欲しい】

【「切腹最中」 お客様は最中が欲しいわけではない→クレームに笑って謝罪できる商品が欲しい】

おようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

お客様は商品は欲しい訳ではなくなっています。
いろいろな商品が溢れすぎて、もう選べないのです。
そんな中で、「ネーミング」などが商品を選ぶ理由になることがあります。


「切腹最中」
うおー。
気になるネーミングですね。
中のアンコがモリモリ過ぎて、切腹したかのように見えるんですね!

実はこの最中、こんな理由でも売れることがあるそうです。
「クレームを笑って済ませたい時の、お詫びの品として売れている」そうなんです。

びっくりですね!
お客さんは最中を求めている訳じゃなくって、
軽い謝罪理由を求めているのですね!


ちなみに、この商品の開発秘話はこちら。

☆☆☆

当店が「忠臣蔵」の起こりとなった浅野内匠頭がお預けになり切腹された田村屋敷跡にあり「忠臣蔵」にまつわる数々の語りぐさがこの菓子を通じて、皆様の口の端にのぼればという思いを込めた商品です。

☆☆☆

ちゃんと歴史の権威付けもある訳です。

本日のネタは、FMびざんのパーソナリティ!
ドレミファ曽谷さんに教えていただきました!
ありがとうございました。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + one =

ページの上部へ