顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【人が説明すると売り込み、紙だと役立つ情報になる。パッケージの重要性】
2014年10月14日

【人が説明すると売り込み、紙だと役立つ情報になる。パッケージの重要性】

【人が説明すると売込み、紙だと役立つ情報になる。パッケージの重要性】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

なぜ、パッケージやPOPが重要と言われるのか?
それは、こんなデータがあるんです。

今、売れている商品があります。
それは「徳島生まれの徳島の漁師によるとくしま漁連がおすすめするひじき」です。

長い!
長いネーミングです!
では、なぜ売れているんでしょうか??

「消費者の86.5%が店頭で購買を決定している」
というデータがあります。

だから、店頭でパッっと見て、2秒で理解できる商品づくりが必要なんです。
売れている商品のネーミング、
ある特徴があるとは思いませんか?

「じっくりコトコト煮込んだスープ」
「甘栗むいちゃいました」
「電子レンジでチンしてふくだけ」

そうなんです。
ネーミングが長いんです!

ネーミングで、中身か完全に理解できます。
これは「消費者の86.5%が店頭で購買を決定している」という
データを元に、パッケージでセールスしているわけです。

パッケージはモノ言わぬセールスマンです。
商品そのものが自分で広告しているってことです。

人間がおすすめするとそれは「売込み」になります。
でも、POPだとそれは「役立つ情報」になる。
パッケージが売上に貢献するのは明らかですよね。

★★★

本日の記事はエクスペリエンスマーケティングの師匠!
藤村正宏さんのブログをインスパイアして書かせて頂きました!
ありがとうございます。
http://www.ex-ma.com/blog/archives/1063

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + 3 =

ページの上部へ