顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > <実践アメーバ経営講座 第4講 アメーバ経営の運用 藤本博之氏>
2014年11月27日

<実践アメーバ経営講座 第4講 アメーバ経営の運用 藤本博之氏>

<実践アメーバ経営講座 第4講 アメーバ経営の運用 藤本博之氏>

2014年11月27日(木)
実践アメーバ経営講座 第4講
アメーバ経営の運用
あかり税理士法人 代表社員 藤本博之氏

京セラの創業者である稲盛和夫氏が提唱する
「アメーバ経営」
会計手法ではなく、これは経営手法です。

それぞれの部門(アメーバ)一つひとつが採算を生むように経営していきます。

今回、私が印象に残ったのは「リーダーの役割」!
①部下を幸せにする
②将来の夢を与える

京セラでは、上司・リーダーにになる人には
このことを徹底させているそうです。
そうでない人は部下を持ってはいけないのです。

「①部下を幸せにする」とは、
簡単に言うと
「飯を食わせる」
「給料を払う」ということ。

「②将来の夢を与える」とは
簡単に言うと
「この人についていきたい」
「この仕事楽しい」と思わせること。

このことができないと、上司・リーダーではないのですね。

また、リーダーの心構えとして、
部下が意見を出してくれた時に
「それは違うのではないか」と言ってはいけません。
意見を完全否定すると、
部下が「もう、絶対言うもんか!」となる。

部下を承認することが必要。
「どうしてそう思ったの?」
「その計画に至った根拠は?」
一旦、受け止めてやらないといけないのです。

「対話ができる関係を築く」が必要なのです。
このようなことを教えて頂きました。

パッケージ松浦でも、現在は変革期。
いろいろと社内でも意識統一が必要です。
「対話ができる関係」が非常に大切です。
絶対に取り組んで行きます。
藤本講師、ありがとうございます。


あかり税理士法人 代表社員 藤本博之氏は
盛和塾<香川>のソウルメイト!

盛和塾<徳島>のメンバーのために、
こうやって4回も手弁当で講義しに来てくれました。

「利他の心」が溢れる支援を本当にありがとうございます。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 4 =

ページの上部へ