顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【絶対に捨てられないパッケージがそこにはある!落雁諸江屋の「わび」パッケージはもはやタンス!】
2014年12月10日

【絶対に捨てられないパッケージがそこにはある!落雁諸江屋の「わび」パッケージはもはやタンス!】

【絶対に捨てられないパッケージがそこにはある!落雁諸江屋の「わび」パッケージはもはやタンス!】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

絶対に負けられない戦いが、、・・・
あ、いやいや、
絶対に捨てられないパッケージがそこにはある!

それがこちら!
落雁諸江屋の「わび」!

ね?!
もはやパッケージではない??
タンスですよね。

落雁(らくがん)とは、干菓子のことです。
金沢の落雁の老舗「諸江屋」が販売する「わび」!

干菓子がタンスから出てくるわけです。
パッケージではなく、タンスです。
絶対に捨てられないですよね( 笑 )

こうやって、お客様の手元に残る。
お子様のおもちゃになる。
お姉さんの小物入れになる。
お母さんのアクセサリー入れになる。

そうやって、手元に残ると、何度でも思い出します。
「ああ、落雁諸江屋だ」
こうやって、お客様の心に集積していくんですね。

ちないに、包装紙は金沢の古い地図です。
歴史館を感じずにはいられません。

「パッケージ=捨てるもの」と思っていませんか?
「パッケージ=取っておくもの」と考えると、面白いですよね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 2 =

ページの上部へ