顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【祝!日乃出本店様100周年!毎日食べて楽しい「ぶどう饅頭」リライト記事!】
2014年04月6日

【祝!日乃出本店様100周年!毎日食べて楽しい「ぶどう饅頭」リライト記事!】

【祝!日乃出本店様100周年!毎日食べて楽しい「ぶどう饅頭」リライト記事!】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日2014年4月5日は
日乃出本店さんhttp://www.budoumanju.com/)の100周年の感謝のつどいでした!

 

素晴らしい式典でした!
この話は後日、詳しく書きます。

本日は日乃出本店100周年を記念したリライト記事です!

 

日乃出本店さんの名物といえばいわずと知れた「ぶどう饅頭」です。
そして、名物ともいえるアレが入っています。
それは「壱億円札」!

 

※もちろん、実際には使えません(笑)
 
 
 
この壱億円札、徳島では非常に有名!
袋を空けてビックリ!
子供たちが「えぇ~、なにこれ!?」と喜びます。
家族の会話も生まれます。
 
 
徳島新聞社のHPでも紹介されています。
http://www.topics.or.jp/special/125973168251/2009/11/2009_125973611686.html

 

ぶどう饅頭は数年前まで9本入りが一番小さいサイズでした。
現在はより手軽に「3本入り」が発売されています。

この「3本入り」は販売当初、壱億円が入っていませんでした。
でも、
「日乃出本店の代名詞ともいえる壱億円札をやっぱり入れたい」

従来の話題づくり、口コミづくりというコンセプトを残しつつ、新たな価値をくくりたい」

「でも、同じものを入れても面白くない」

 

・・・ということで、パッケージ松浦が提案させて頂いた壱億円札がこれ!

「・・・なんだ、壱億円札が小さくなっただけじゃないか」と思った貴方!

それは早とちりです。

実は4種類あるんです。

何が違うかというと、「金額」です。

よく見てください!

壱億円、壱千万円、壱百万円、壱十万円と、4種類あります。

そして、それぞれには占いもついてます。

大吉、中吉、小吉、末吉です。
入り数が9本から3本に変わることで、
ターゲットが「お土産」から「個人」に変わっております。

個人のお客様に毎日、開封するのを楽しみにして欲しい!
そんな思いで採用されました!

さらに小技が効いてます。


壱億円札は「大吉」です。

「このおみくじを大切に持ち、「大吉」を参枚集めるがよし

必ずあなたのもとに幸福が訪れる」

と書いてあります。

大吉を三枚集めると、3000円相当のお菓子と交換してくれるのです!

壱千万円札は「中吉」です。

「あと一歩の所まできています。甘いものを食べるとあなたのもと幸運が訪れるだろう」

・・・結局、またぶどう饅頭を食べてね!・・・って言いたいんです(笑)

壱百万円札は「小吉」です。

「大のつくものを探すとよい

それは求め続ければ必ず見つかるだろう

甘いものが幸運を運んでくれる」と書いてます。

ぶどう饅頭を食べ続けて、「大吉」を探せということです(笑)

壱十万円札は「末吉」です。

「継続は力なり

探し続けることがなにより大事

小さくて甘い物の中に探し物はあるだろう」と書いてます。

小さくて甘いものって、ぶどう饅頭のことです(笑)

さてさて、ぶどう饅頭、食べたくなってきませんか?
本日2014年4月6日(日)!
日乃出本店さん(http://www.budoumanju.com/)では楽しい100周年イベントを開催!

ぶどう饅頭の早食いあり(笑)
黄金かすてらの大食いあり(爆)
お買い上げ金額の半額金券プレゼントあり!
どうぞ、お楽しみに!


さあ、日乃出本店さん(http://www.budoumanju.com/)に急げ!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + eighteen =

ページの上部へ