顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【単なる公務員が、単なる課長が、カンブリア宮殿に出演?!ローマ法王に米を食べさせた男】
2014年05月21日

【単なる公務員が、単なる課長が、カンブリア宮殿に出演?!ローマ法王に米を食べさせた男】

【単なる公務員が、単なる課長が、カンブリア宮殿に出演?!ローマ法王に米を食べさせた男】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。
本日はちょっとリライト記事を!

今、記事を読んでくださっているあなたは
高野誠鮮(じょうぜん)氏をご存知でしょうか?
まぁ、知らない人が多いと思うんです。


だって、高野氏は単なる
石川県の羽咋(はくい)市役所の公務員さん。
単なる課長さんなんです。

芸能人でもなければ、
スポーツ選手でもない。
大学教授でもなければ、
評論家でもないんです。
有名な経営者でもないんです。
一公務員です。

でも、この方、各地で講演したり、
2012年にはカンブリア宮殿にでたり、
どえらい活躍ぶり!

その秘密は「ローマ法王に米を食べさせた男」だからです!
神子原米(みこはら)というお米を、
売り上げ目標2000万円のところ7200万円売ってみたり、

一票13000円のお米を42000円にしたからです!

神子原米は美味しいのですが、誰もPRしません。
だから、高野氏は考えました。

ブランド化するためにどうするか?
有名な人に食べてもらって、そのブランドネームを活かそう。
誰に食べて貰ったらいいのか??

そして、どんどんアタックしていきます!

一人目 天皇陛下
神子(みこ)=皇子(みこ)ですから(笑)

ただしこれは天皇陛下には謙譲米制度というものがあり
食べる順番が相当先まで決まっているのでだめとのことでした。

それでも諦めません。
次のターゲットは、、、

二人目 アメリカ大統領(当時ブッシュさん)
だって、米国(お米の国)の大統領ですから(笑)

高野氏はブッシュ大統領に心を込めて英語で手紙を書きます。
「私たちの米を食べてください。
私たちの米を食べて貰う可能性はただの1%もないのでしょうか?」

・・・すると、
・・・どうやらただの1%の可能性もなかったようです(笑)

いやー。
しかしこんなことで諦める高野氏ではありません。
次のターゲットは!

三人目 ローマ法王
だって、神の子(神子)であるキリストに絶大な関係がありますから(笑)

そして、ローマ法王!
なんと!返事がありました!OKです!


そして「ローマ法王ご献上」がいろいろな新聞・雑誌に掲載!
口コミを生み、
一俵13000円のお米が、なんと一俵42000円で売れるようになりました。
売上が目標の3倍以上!
2000万目標だったのに7200万円売れました!

こんなブランディングがあるんですね。
笑ってしまうほど強引な(笑)

パッケージにもしっかりと「神子原米」と大きく明記!
素晴らしいシナリオ(戦略)です。

このことが評価されてのカンブリア宮殿出演だったんですね。
その後「ローマ法王に米を食べさせた男」という本も出版されています!すごい!

私が高野氏を尊敬して止まないのは、単なる地方の一公務員なんです。
そのような立場でも、光り輝くことができるということです!
本を出版できる!
カンブリア宮殿にも出れるということです!

どんな立場の人だろうと!
経営者だろうと、課長だろうと、新人だろうと、
輝いて、楽しんで仕事をするってとっても大切ですね!
そのことを高野誠鮮氏は教えてくださいます。
高野さん、ありがとうございます。

さて、「高野誠鮮さんって面白い!」と思った方!
詳しくは私の本の中にも書いてありますので、
興味がありましたらAmazonページをクリックしてみてくださいね!

amazon
     
http://p.tl/8NCy
「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」

高野さんは「私の本に掲載させていただいてもいいですか?」と聞くと、
「どうぞ!」とあっさりOKしてくださいました。
本当に懐も広い方です!
本当にありがとうございます。

高野さん以外にもたくさんの事例が掲載されております。
ご興味ある方はぜひ!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − three =

ページの上部へ