顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島県中小企業家同友会 > <徳島県中業起業家同友会ニュースに、パッケージ松浦の桑原基輔&太田匡訓登場!>
2017年02月3日

<徳島県中業起業家同友会ニュースに、パッケージ松浦の桑原基輔&太田匡訓登場!>

パッケージ松浦の桑原基輔さんと太田匡訓さんが徳島県中小企業家同友会ニュースに取材されました!
うーん、誇らしい。
さぞかし、立派に取材されていることでしょう!

IMG_9054
あれ?
ええーーー??

IMG_9055
カツラ被ってますやん?!
アカンやん?!

こんなの、同友会ニュース史上前代未聞だろうなー(笑)
まあ、面白がってやってくれてるのでOKかな?

うんうん、内容はしっかりしてるな。
よかったらお読みくださいねー。

社員さん数珠繋ぎ
平成28年12月22日取材
(株)パッケージ松浦 桑原基輔さん・太田匡訓さん

桑原さん:入社3年目、企画・デザインを担当し、“言うことを聞かないデザイナー”をウリにしています。以前からエクスマ(モノではなく体験を売る視点のマーケティング手法)をしたいと思っていたので、やりたい仕事ができる幸せを感じています。外部の方からも良い会社だと認めてもらえる会社でありたいです。

太田さん:入社してもうすぐ半年で、広報を担当しています。弊社はパッケージではなくパッケージの価値を売る会社なので、価値を伝えるためにソーシャルメディアなどで発信しています。WEBでの発信は、自分のやりたいことをいろんな形でパフォーマンスできる、ひとつのツールだと思います。

桑原さん:自分のデザインを認めてもらえず落ち込むこともありますが、反省の積み重ねで今の自分があると思っています。結果的にどうすれば売れるかを常に考え、お客様に伝えるようにしています。自分のデザインを認めてもらえるように、毎回ベストを尽くし、手を抜くことはありません。仕事を通して企画力・文章力が身に付いたのはもちろんですが、知り合いが増え、気持ちが優しくなれた気がします。この仕事は自分を最高に表現する場であり、お客様に役立つことで人生が楽しいと思える究極の趣味だと思います。また、デザイナーが誇りを持てるように業界全体の価値を上げていきたいと思っています。

太田さん:失敗を失敗と感じるのではなく、次へのチャンスだと捉えています。上司からは答えではなくキーワードを与えられ、考えるよい機会となっています。広報を極めることはもちろんですが、もっとおもしろい人間になるために“人たらし”を追求していきたいです。また、人に喜びを与え続けることが私にとっての仕事なので、自分がされて嬉しいことを続けていこうと思います。

桑原さん:入社する前に社長から、「その笑顔があれば大丈夫だよね」と言われたことがありました。以前は人の目を見て話すことが苦手でしたが、その言葉で自信を持てるようになりました。

太田さん:社長が「パッケージ松浦は太田さんの家族・子供の成長を全力で支えます」と言ってくれました。弊社には家族を大事にし、お互いに尊重しあう社風があります。前職では営業をしていて、ノルマを達成しても何も楽しくありませんでしたが、今では月曜日にワクワクして出社しています。桑原さんが全力で生み出してくれたことを、何十倍にもして世に出していくことにおもしろさを感じています。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + four =

ページの上部へ