顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージ松浦ネタ > <「ねえ、お父さんの会社はブラックなの?」 パケマツ太田匡訓の「しんどいか、しんどくないかではなく、面白いか、面白くないか」>
2017年07月8日

<「ねえ、お父さんの会社はブラックなの?」 パケマツ太田匡訓の「しんどいか、しんどくないかではなく、面白いか、面白くないか」>

「ねえ、お父さんの会社はブラック企業なの?」
と、娘の凛に聞かれた!

…で、ちょっと考えてみた。
「パケマツはブラックなのだろうか?」

入社後20kg以上の激やせをするほどの激務(笑)


桑原さんも痩せたなー。


太田さんも痩せたなー。

会社では激辛18禁カレーを社員さんに食べさせてみたり(笑)

前日の夜に思いついて
思いつきで社員さんを愛媛弾丸日帰り出張に行かせたり。
太田さんは7時出社の23時帰宅になった。

・・・かなりのブラック企業かも(笑)

ただ、社員さんが楽しそうなんですよね。


松山を大きく通り越し、大洲の中川食品まで!


生き別れの兄かと思うくらいの中川雄一さんに会ってにっこり!


自分の大好きなお豆腐も買ってます。


マルブン南高井店へ移動!


眞鍋明社長や、


鈴木店長に会えて、とっても喜んでました。


しかも、なにより、今まで食べたことのないマルブン料理を堪能してとっても喜んでました!
うおー。
ウエルカムPOPまで!


ちゃんとFacebookにマルブンパスタソースのパッケージもアップしてる!
うん、仕事してますなー。

鈴木店長の話だと「2.5人前は食べましたね」とのこと(笑)

さらに、仕事が終わったら直接帰るのかなと思ったら???


おーいい!
マルブン小松本店に寄ってるじゃないか!
マルブンのハシゴだよーーー(笑)

お昼に2.5人前食べたはずなのに


オムライスと


チキンの一枚揚げ食べてるよ!
堪能してるなー!

実はこの出張は別に無理やり押し付けたわけじゃないんです。
前日の夜に、アービンズ松本さんとの会食中に、こんな会話があった。

太田「ボクって、マルブン行ったことがないんですよ」と言いだしたのがきっかけ。
松浦「じゃあ、明日行ってみたら」と切り返すボク。
太田「え?急に言われても」と戸惑う太田さん
すると一緒にいた松本さんが
松本「明日、ボクは眞鍋社長とちょうど打ち合わせがあるから、同席したらいいよ」と助け舟。
太田「ええ?ええぇぇ?」とさらに困惑する太田さんに
松浦「ついでに、この間、豆腐品評会で会った中川さんに会ってきなよ」と追加で一言。
太田「えぇ?中川さん、大洲ですよ!松山より更に西へ車で60分ですよ!」と慌てふためく。

いろいろ迷ってたんで、ボクが一言。
松浦「太田さんが大変なら行かなくていいよ!楽しそうだからボクが行くわ!」
するともう引き下がれない太田さん。
太田「いやっ!ボクが行きます!」

これで決定した!


あれ?
この段階では太田さん、まだ冴えない表情(笑)?

でもね、太田さんは自分で意思決定して、日帰り出張を決めたんです。
太田さんの判断基準は
「迷ったら、面白い方」らしいです。
「しんどいか、しんどくないか」ではなく「面白いか、面白くないか」が基準。

「絶対に愛媛に出張に行ったほうが面白い」と判断してくれたみたいです。
ね?
ブラック企業じゃないでしょ(笑)

ブラック企業の定義を一応調べてみると
「ブラック企業(ブラックきぎょう)またはブラック会社(ブラックがいしゃ)とは、・・・中略・・・狭義には新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働によって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業を指す。」らしい。

うん、そんなひどいことしてないもんね(笑)

見た目だけ見たらブラックかも知れないパケマツ。
でも、社員さんが、今回の場合だと太田さんが楽しく仕事をしてくれている。
理想的な会社かも知れない(笑)

太田さん、素晴らしい判断基準
「迷ったら、面白い方」
「しんどいか、しんどくないかではなく、面白いか、面白くないか」で行動してくれてありがとうーーー!!!

でも途中で、


大分行きかけたよーーー!
それだけは阻止したよーーー(爆)

体を壊さいように楽しんでね!
そんな太田さんのブログはこちらです!
よかったら読んでみてくださいねー。
https://ameblo.jp/masanori-ota/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × four =

ページの上部へ