顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージ松浦ネタ > コミュニケーションの手法 ⑧ IメッセージとYOUメッセージ
2010年08月16日

コミュニケーションの手法 ⑧ IメッセージとYOUメッセージ

【8】「Ⅰメッセージ」と「YOUメッセージ」

貴方が言われて嬉しいのは、どちらでしょう?

A:「お前、やるやないか!すごいやないか!」 YOUメッセージ(主語があなた)

B:「君が、○○してくれて、私は嬉しい!」  Iメッセージ(主語が私)

Aも言われて嬉しいです。

しかし、これは「評価」が入っております。年上(上司)から、年下(部下)には言いやすいのですが、逆だと受け入れにくいのです。万人受けしないのです。

部下「部長、やるじゃないですか!」

部長「お前みたいな若僧に言われたって嬉しくないわ。偉そうに言うな。」

→ 素直に受け取れない。

また、もの凄く遠慮深い人、もしくは素直でない人も受け取りにくいのです。

部長「お前、やるやないか!すごいな!」

部下「いやぁ~、私なんてすごくないですよ。たいしたことないですよ」

→ 受け入れてもらえない可能性があります。

これがBだと、相手が年上でも伝わります。万人に伝わりやすいのです。

部下「部長、こんな実績残したんですね!私は尊敬します!」

部長「あぁ、有り難うよ。」

部長「お前がお客さんのために業務改善してくれて、私は嬉しいよ!」

部下「有り難うございます。」

AとBで、何が違うかというと、主語が違います。

Aは「あなたが(YOU)」が主語。

Bは「わたしが(Ⅰ)」が主語になっています。

全てに対して、受け入れられやすいのが、「Ⅰメッセージ」です。

なぜなら、「君がこうしたから、私は嬉しい」の「嬉しい」という感情は、発言した人の感情であり、相手も受け入れるしかないのです。

有名なところでは、小泉純一郎元首相が、若乃花に「痛みに耐えて、よく頑張った!(私は)感動した!」と言ったのは、完全にⅠメッセージです。

モテル女の子はIメッセージが上手いです。

ちょっと想像してみてください。

女性から言われるのはどっちの言葉が嬉しいですか?

「あなた、カッコいいですね」(YOUメッセージ)

「あなた、私のタイプです」(Iメッセージ)

「叱るとき」にも、Ⅰメッセージが応用できます。

「お前、ちゃんとお客さんを向いて仕事せえ!」(YOUメッセージ)

「君が、お客さんを向いて仕事をしてくれないと、私は悲しい」(Ⅰメッセージ)

Ⅰメッセージを使って、感情を伝えることが大切です。














カテゴリー | パッケージ松浦ネタ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − 14 =

ページの上部へ