顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージ松浦ネタ > <採用募集してない会社から、採用を手に入れる方法>
2019年05月6日

<採用募集してない会社から、採用を手に入れる方法>

あたしも…乗り越えるわ…
あんたから受け継いだ…『運命』に、ビクついて逃げたりもしない…!
それが邪魔なら…なおさら登り切ってやる!
トリッシュ・ウナ名言

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

【パケマツに新しいメンバーがやってきます】

嬉しいなっ!
来年4月に、パケマツに新卒社員さんが入ってくれます。
原田有理さんです。

彼女との出会いは普通の就職活動では在りえない形でした。
とってもユニーク!

徳島大学のゼミ部屋に、
なぜかボクの著書
「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」が置いてあったそうです。

パッケージや印刷について興味のあった原田さん!
本を読んでくれて
「面白い!」と思ってくださったそうです。

 

【運命を登り切る原田さんの行動】

そこからが、原田さんの面白いところ。
次の行動に移します。
「松浦陽司社長とFacebookでつながろう」

2019年4月1日
Facebookメッセンジャーで友達申請をくださいました。
「大学にあった松浦さんの本を読んで、すごく興味を持ちました」

そんなこと言われて、ボクも嬉しいじゃないですか(笑)
直ぐに、Facebookでつながりました。

4月5日
実際に、パケマツに遊びに来てくれました。
この実行力がすごい!

そこでは、パッケージマーケティングの話。
実は失敗したお話。
他所じゃ言えない裏話。
いろいろと興味を持って聞いてくれました。

そこで意気投合。
めちゃめちゃいい子だったんで、
ボクは思わず「パケマツ受けてみない?」と言っちゃった。
すると、原田さんは「いいんですか?」

4月9日
正式に面談して、パケマツ全メンバーとお話もしてもらいました。
その日のうちに、パケマツとしては内定を出したんですよ。

4月10日
ご両親とも話し合いの上、
「来年からよろしくお願いします」と正式に連絡ありました。

【常識外の内定】

めっちゃ不思議なご縁。
こんな素敵な出会いに感謝です!

こんな内定の形って、普通なら在りえないですよね。
でも、在りえたんです。

普通なら、
大学に募集をだして、
会社説明会をして、
集団面接して、
なんて、手続きを踏むはず。

今回は一切その手順を踏んでない!

最初のきっかけは、原田さんがFacebook申請をくれたってこと。
実際に、パケマツに遊びに来てくれたってこと。

運命ってものは、ただ漫然と生きていたら、向こうからやってくるものじゃないですよね。
自分が動いた分だけ、自分自身が引き寄せるもんです。

だって、採用募集も出してない会社にやってきて
そして採用を手に入れたわけですから(笑)
原田さんの行動が引き寄せたわけです。

ボクも、出会ったからこそ、幸せになってもらえるように頑張ります!
その前に、ボクも原田さんを見習って、
業績アップの運命を引き寄せなきゃね!
ありがとうございます。

 

あ!運命を変える本!
「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」
に興味のある方は、↑の青文字をクリックしてみてね(笑)

カテゴリー | パッケージ松浦ネタ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × two =

ページの上部へ