顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージ松浦ネタ > 【社歴に学ぶ3つのこと】~成功を繰り返し、失敗は繰り返さない~
2019年11月17日

【社歴に学ぶ3つのこと】~成功を繰り返し、失敗は繰り返さない~

<社歴に何を学ぶのか?>

今の自社はどこに向かうのか?
それは会社の過去を見つめたら、見えてくるのかも知れない。

過去の危機にどんな経営判断をしたのか?
過去、経営の帰路に立った時、どんな選択を取ったのか?

そして、正解だったのか。
間違いだったのか。

社歴に学ぶことが非常に重要です。

<パケマツ方針発表会>

ここでボクが述べた3つの社歴から、
今年の方針に活かす過去の3つの学び。

それは
1 イノベーション
2 まず、やってみる
3 捨てるor減らす
です。

<1 イノベーション>

1991年
これは会社創業当時の話。
世間では手書きの請求書や伝票が一般的でした。

もちろん、公共の期間ですら、パソコンを入れていない時代。
「パソコンを導入する!」
と決意したのが、松浦純子専務!

想像を絶する悪戦苦闘の上、システムを移行。
最初に、請求書が「カタカタ」と音を立てて出てきたときには
もう、感激だったそうです。

「誰もやっていないけど、やる」
このイノベーション精神は、松浦純子専務から受け継いだものです。

<2 まず、やってみる>

色々と、言い訳や、やらない理由、やれない理由って出てくるもんです。
「今までやったことない」
「昔っからこんな感じ」

2008年
パケマツは月次決算をすることにしました。

「いや、そんなん今までやったことないし」
「普通、中小企業は月次決算なんてしないのよ」
という意見もありました。

・・・が
「やるぞーーー」で始めました(笑)

すると、出てきました。
「いやね、月次決算するとなれば、棚卸を毎月するようになるでしょ。
棚卸って言うのはね、2人で半日かかるんですよ、社長。
時間の無駄過ぎませんか?」

でも、やりました(笑)
「2人で2時間で終わるようにしてみて!
ストップウォッチで測るから、3、2、1、スタート!!!」

すると、その月から2時間で出来ました!
まず、やってみる。
やればできる。

ちなみに、今は1人で90分まで短縮されてます。

<3 捨てる or 減らす>

正直に言うと、お客様を捨てたこともあります。
社員のことを殴ったお客様がいらっしゃいました。

ここでこのお客様を守るっておかしいですよね。
「今までお世話になりました」でサヨナラです。
それで、そのお客様にかけていた労力や精神力や時間が
有効に使えるようになりました。

<社歴を活かして、今年度へ>

これら
1 イノベーション
2 まず、やってみる
3 捨てるor減らす
を方針書に反映させて、
経営を繁栄させていきます!

具体的には、会計のIT化、業務の見直し、毎週のPD実行などです。
よりよい会社にしていこうねー!

カテゴリー | パッケージ松浦ネタ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 + 16 =

ページの上部へ