顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > ブログ > <「忙しいから勉強できない、セミナーに行けない」という方にオススメしたい「3人の木こり」の話>
2016年05月8日

<「忙しいから勉強できない、セミナーに行けない」という方にオススメしたい「3人の木こり」の話>

よく「忙しいから勉強できない、セミナーに行けない」という人がいらっしゃいます。
本来はそういった人ほど、勉強やセミナーに行かないといけないんですよね。

そんな方にお伝えしたい話があります。
ちょっと私がアレンジした「3人の木こり」の話。

mr009db4

1日に10本の木を切る3人の木こりさん。
ところが長年、斧を使い続けているので刃が欠けてきて1日に7本しか切れなくなります。

そこに旅人が通りかかり、声をかけます。
「街に下りて刃を研いでもらったら?」

一人目の木こり。
「街に下りる暇があったら一本でも木が切れる」
やがてもっと刃は欠け、1日に6本、5本となっていく。

二人目の木こり。
「そうですね!刃を研ぎに一日、街に下りましょう」
刃を研いで帰ってきて、再び1日に10本切れるようになる。

三人目の木こり。
「そうですね!他にもっといい方法があるかもしませんね」
街を見渡し、チェーンソーを購入します。
1日に30本も切れます。

これって、経営の勉強することにも似てませんか?
私たちは「刃を研ぐ」習慣を身につけないといけません。
うちにばっかり籠らず、外に出ることも大切ですね。
従来のやり方が全く変わっていることもあります。

★★★★★

これは私がFacebookで「3人の木こり」の話を書いたのですが、かなり評判が良かったので、
ブログでもリライトしてみました。

元ネタは「2人の木こり」の話だったんですが、
3人目は私が付け足しました(笑)

例えば、一昔前は「ネット通販は虚業」と言われていました。
今はもはやリアル店舗よりも、主流になってきてます。

これに対して「Amazonのおかげで街の小売店が潰れている!日本に税金も落としてないのにけしからん!」という声が上がるのは当然です。
でも、残念ながら「世の中のルール」が変わったということは認識しないといけません。

大丈夫です!
Amazonにない価値を作ればいいじゃないですか!
そのためにも、勉強することは必要ですよね!

偉そうなことを言いながらも、私もまだまだ勉強が足りません。
もっと圧倒的になるように勉強も仕事も楽しみますっ!

カテゴリー | ブログ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 − four =

ページの上部へ