顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > ブログ > <「営業」ってなんだろう?とあるガソリンスタンドと自動車屋さんの対応。>
2016年05月25日

<「営業」ってなんだろう?とあるガソリンスタンドと自動車屋さんの対応。>

先日、こんなことがありました!
ドライブ中のガソリンスタンドで、とても親切な店員さんが、とても熱心に説明してくださいます。

「松浦さんの車のタイヤは今、取っても危険な状態です。
スリップもしやすいし、溝もない。
今すぐにでも変えないと、重大な事故につながります。」

私は本当にすぐに買おうかと思いました。
本当に買おうと思いましたが、ちょっと家から遠いところだったので、一旦、やめました。

gas_station

そして後日、いつも使っている晃生自動車で見てもらいました。
すると西野社長がとっても親切に、とっても熱心に説明してくださいました。

「松浦さんのタイヤはまだまだ健康です。
変更するべきではありません。
期間で言うとあと1年か、距離で言うと3~4万キロは大丈夫です。
買いたいと言っている方に、お断りするようですみません。」

うーん、なんて誠実な!

前者のガソリンスタンドの方が、いわゆる「営業」は上手いのでしょう。
でも、その結果、生涯顧客を失いました。
そう、私はそのガソリンスタンドには一生行かないでしょう。

後者の晃生自動車は、いわゆる「営業」は下手なのかも知れません。
でも、その結果、生涯顧客を得ました。
そう、私は晃生自動車を一生お願いするでしょう。

決定的な違いは「自社の売上の為に」か「お客さんの幸せの為に」の違いですねっ!

カテゴリー | ブログ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 2 =

ページの上部へ