顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > ブログ > <自社の強みをはっきり知って、顧客に伝えると、、、押し売りになる??>
2018年12月22日

<自社の強みをはっきり知って、顧客に伝えると、、、押し売りになる??>

「ブランド」と聞いて、何をイメージされますか?

値段が高い?
高級?
女性にプレゼントしたら喜ばれる?

いえいえ、本質はそんなんじゃないですよ。

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

2018年12月18日(火)

ブランド力で挑む海外展開
ブランディング&マーケティングセミナー
小倉なおよ氏のセミナーを聞いてきました!

小倉さん曰く!
「ブランド」とは商品やサービスの差別化をはかること
つまり、もっと簡単に言うと「顧客が選ぶ理由」を作ってあげるってこと。

じゃあ、「顧客が選ぶ理由」ってなんだろう?

多くの会社は自社の自社の商品、サービスの「強み」だと思います。
「このお菓子は素材が特徴!」
「うちの飲食店の看板メニューはこれ!」

・・・でも、そうじゃない。
多くの場合はそこでコケる(汗)

いや、自社の「強み」があるのはいいんでしょ。
ないと困るし。
でも、「ここが強み」をガンガンに押し出すと、
それは「押し売り」になっちゃう。
お客さんは「ドン引き」してしまうんだと。

「えーーーっ!?じゃー、どうすりゃいいの?!」
叫び声が聞こえてきそう。

小倉さんはその解決方法を提示してくれました!

1 まず「強み」を理解する
2 そして「お客様の困っていること」を見つける
3 自社の「強み」を使って、「お客様の困っていること」を解決できるか考える。
4 それが「お客様が感じる価値」になる。

なるほどなー。
わかりやすいっ!

小倉さん、ありがとうございます。

それにしてもしまった!
せっかく、後で名刺交換もできたのに、
写真撮影を忘れていて、遠い遠い写真しかないやっ(汗)

また、どこかでお会いできたら幸いです♪

カテゴリー | ブログ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 4 =

ページの上部へ